Yuya Takamura official blog
Beginning a new life
仕入れスキル

ヤフオクからラクマへの誘導方法|大量仕入れを成功させるコツ

ヤフオクとラクマではどっちが売れるの?なんてことばかりが気にされますが、実は双方を仕入れに使うことで大きなメリットがあります。

ネット完結の転売ビジネスをしているとヤフオクを使うことは多くても、実はラクマってうまく使われていないんですよね。「あまり商品が無い」なんて思われている方も多いかもしれません。

この記事では、実際に僕が大量仕入れを成功させている「ヤフオク×ラクマ」の使い方について書いていこうと思います。参考になれば嬉しいです。

ヤフオクからラクマへの誘導方法|大量仕入れを成功させるコツ

ご存知の方も多いと思いますが、わざわざヤフオクからラクマへ誘導するのにはワケがあります。

購入者 → カード決済ができる

出品者 → 手数料負担が低い 

この2つのメリットは代表的ですよね。

加えて、仕入れにカードを使って回している方も多いと思うのですが、取引先を創るとなると基本は銀行振込を求められます。ラクマというプラットフォームを使うことでカード決済ができるので、始めての方とも安心して取引をすることが可能になります。

大量仕入れをすることでコチラとしても値段交渉がしやすく、利益率の上昇も見込めます。

ヤフオクでの下準備の流れ

ヤフオクからラクマに誘導するにあたり、まずはヤフオクでの下準備が必要となります。

一般的な商品仕入れの流れを行っていけば問題はありませんが、そこからラクマへの提案を忘れないようにしましょう。メリットがあることを伝えれば動いてくれる可能性はかなり高いです。

まずは商品を落札してみよう

まずはヤフオク上で商品を落札します。いつも通りのヤフオク仕入れでも問題はありませんが、可能であれば以下の2点をより意識してみてください。

■同じメーカーの商品を複数扱っている出品者

■型落ち品や類似品など同じジャンルの商品を複数扱っている出品者

こうすることで、業者さんや個人代理店の方とつながることも狙っていきましょう。一度に大量仕入れができる可能性がグッと高まります。

取引ナビからメッセージを送ってみよう

まず聞くべき点は「在庫を複数持っていないか?」というコトです。

在庫を持っているのであれば、まとめて購入させていただきたいことを伝えましょう。その際に、決済をラクマでしたいことも伝えます。

<例文>

この度こちらの商品を落札させていただいた高村です。お支払いは期日までに済ませますのでよろしくお願いいたします。

また、こちらの商品を複数お持ちではないでしょうか?同型番の商品や類似品があればまとめて購入させていただきたく思います。

お手数をおかけしますが、ご連絡いただけますと幸いです。

高村友也

〇〇〇〇〇〇〇@gmail.com

補足ですが、ヤフオクの取引で個人情報のやり取りを行うことに抵抗がある方もいらっしゃると思います。僕としても気になったので、弁護士の方に確認を取ってみました。結論としては「全く問題無い」とのことです。

オークションという形式上、落札後は完全に個人間のやり取りになるので、双方の同意があれば連絡先の交換もOKという回答をいただいたんですね。

相手側にとってラクマを使うメリットがあることを伝えよう

ラクマに誘導するためには、相手側へのメリットの提示も欠かせません。

■クレジットカードであればこちらは即、支払いが可能

■手数料もヤフオクの半分以下で出品者様の負担が少ない 

自分の都合を伝えているようで、お互いに利があることはちゃんと伝えたいですよね。ヤフオクでここまでの下準備をして、ラクマで決済をするだけの状態まで持っていきましょう。

ヤフオクからラクマに誘導して決済しよう

これまではヤフオクでの流れについて説明しました。ここではラクマでの流れをお伝えします。ここまでくれば大量仕入れはほぼ確定なので、落ち着いて決済をすれば大丈夫です。

ラクマで決済してみよう

ラクマで出品してもらう際には、可能であれば出品タイトルも指定できるといいですね。取引先からリンクをもらっている場合はそのリンクから探してもでもOKです。

決済を完了させて、必ずラクマ・ヤフオク・メールアドレスを知っている場合はメールにも連絡をしましょう。

ラクマで決済することで誰にも見つからない取引先となる

ラクマで価格帯を絞り、「専用」で検索するまとめ仕入れリサーチは、僕もコンサル生に教えていたりします。一番カンタンなまとめ仕入れのやり方だからです。

ヤフオクを使って誘導する理由はここにもあって、タイトルに「専用」の文言を入れないようにしてもらうためです。

そうすることによって、ライバルにリサーチされて自分だけの商品が見つかってしまう可能性も限りなく低くすることができます。独占取引のようなカタチも創れるので、ヤフオクからのラクマ誘導を使う意味はそこにもあるのです。

攻めと同時に守りも固めるようなイメージで取り組んでみてくださいね。

ラクマへ誘導してつながった取引先実例

 

ここでは実際にヤフオク→ラクマへの誘導でつながった取引先の実例も挙げていきます。

毎月お取引をさせてもらっている家電代理店の方

毎月定期的に取引をさせてもらっている代理店の方とも、「ヤフオクでつながってラクマで決済する」流れを2年弱、続けさせてもらっています。

ヤフオクで落札して、取引ナビで連絡先を交換してあるので、図のようにご連絡をいただけるのです。あとはこれをラクマに出品していただき、決済をするだけの流れになります。

コスメ輸入をされている個人事業の方

こちらの方は最近つながらせていただいた方です。何度かやり取りはさせていただいているのですが、交渉を前提にお話をくださるので助かっております。

コチラの方もヤフオクでつながって、決済にはラクマを使わせていただいております。

ヤフオクとラクマは正しく使って稼ぎ続けよう

冒頭でも書いたとおりに、ヤフオクとラクマを利用する場合は販路として比べるのが一般的です。しかし転売ビジネスをするのであれば、かなり優秀な仕入れ先としての役割を果たすことはぜひ、覚えておいてくださいね。

現に僕もこうやって仕入れを安定させる(=取引先を増やす)ことで、売り上げも利益も安定してきています。転売で稼ぎ続けることは難しいとも言われていますが、まずは仕入れを安定させることでそれはかなり解消されるのです。

ヤフオクからラクマへの誘導がメリットが一番大きくなる使い方かだと言えるでしょう。参考になれば嬉しいです。

【Choose your life】自分のビジネスを持って人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓