Yuya Takamura official blog
Beginning a new life
ヤフオク仕入れ

ヤフオクリサーチのツールは1つだけ|時短を可能にする3つのポイント

「ヤフオクリサーチはなんだか大変そうで…」という相談をメルマガ読者様からもらいました。確かにそういうイメージは僕にもありました。圧倒的な出品数を膨大な時間をかけてリサーチしていくことは、さすがに骨が折れますよね。

しかし、実は時短できるテクニックは存在していて、とにかく時間当たりの効率を上げることは可能になります。

実際に僕が3時間で数十万円の仕入れを可能にする経験もお伝えしますので、参考になれば嬉しいです。

ヤフオクリサーチは時短できる

ヤフオクリサーチは圧倒的に時短できます。転売を始めたての頃は特に、どうしても時間がかかっていました。副業時代は休みの日を使って13時間ヤフオクリサーチをしていましたが、全く仕入れにはつながらなかった日もあります。

そんな状態だった僕でも、今では数時間リサーチすれば、多くの利益が出る仕入れができるようになりました。しかも圧倒的に短い時間で。講師をつとめる100人規模のコミュニティには、異常に効率よく仕入れをする人もいて、ヤフオクリサーチの重要性に気付いていますね。

見るべきポイントを絞っていけば時短が十分に可能ですので、ぜひ、トライしてみてほしいです。

ヤフオクリサーチ基本の流れ

まずは、ヤフオクリサーチの基本の流れを書いていきます。ここでは主な販路をAmazonとしたうえで、記事を進めていきますね。

入札順で需要を知る

まずはオークションを入札順に並べ替えましょう。

入札の多い順に並べ変える

こうすることで『需要』を知ることができます。仕入れに使っている人もオークションを楽しみたいという人も、人気商品には入札をするからです。売れる商品を炙り出すことで、売れるものを探すという工程を省くことができますよね。

Amazonと価格差を見極める

入札順に並び替えたら、商品名を抜き出してAmazonとの価格差を見極めましょう。

Amazonの価格

買い物に使うAmazon公式サイトで検索してみればOKです。この時点で価格差が見つかれば、売れているかのチェック、販売値と利益の取れる金額の選定を行います。

売れているかのチェック→入札

価格差が見つかったら、あとは実際にその商品がAmazonで売れているかを見極めます。モノレートと呼ばれるwebサイトで、Amazonでの売れ行きや適切な価格を確認することができます。

モノレートの画面

売れていることを確認したら、利益の取れる金額を選定して、入札していきます。より詳しい方法はこの記事でもまとめたので、参考にしてみてください。

参考:ヤフオク落札のコツ7箇条|テッパンで暴利商品を仕入れする㊙入札術

時短を可能にする3つの観察ポイント

ヤフオクリサーチで時短を可能にするには、見るべき場所を絞ることが何よりも重要です。砂漠から宝箱を探すことは非常に難しいですが、それが公園の砂場だったらどうでしょう?

見るべきポイントを絞って、効率よくお宝(=利益の出る商品)を探していきましょう。

商品画像

商品画像のチェックは欠かせないですよね。傷やへこみや汚れがないか、という作業も大切ですが、まずは「メーカー画像以外」をチェックしていきましょう。

シャネルの美容液の画像

こういった「メーカー画像」「公式イメージ」は避けていきましょう。出品者の方も相場を知っている場合が多く、利益の取れる金額での仕入れは難しいです。

それよりも、

シャネルの香水の画像

こういった「写真撮りました感」のある商品を狙っていく方が良いです。不用品として販売しているケースや、回収業者さんが安値でまとめて販売している可能性が高いので、価格差が生まれやすいんですよね。

その上で「入札数」や「終了時間」も確認すれば、見るべきポイントは減るので、時間もかかりませんよね。

出品者の評価

いざ入札する際には、出品者の評価に気をつけましょう。オークションという特性上、利用者のモラルで秩序が保たれている部分があります。その上で「評価」は分かりやすい指針となりますので、必ず目を通すようにしてください。

ヤフオクの評価詳細

参考までに僕は、98%以下の評価の方とはお取り引きをしないようにしています。過去に痛い目にあったので(笑)

一つの目安を自分の中で創るといいかもしれません。

説明文はココに気を付けよう

ヤフオクでよく使われる文言があります。「ノークレームノーリターン」「画像のモノが全てです」なんかはそれに当てはまりますよね。

他にも「動作未確認」「通電確認のみです」なんかは少し怪しくて、そういう文言を使っている人の評価は大概よくない場合が多いです。そういった商品には手を出さない方が無難です。

その昔、キレイ目のビデオデッキを仕入れた際に、到着したデッキの中には古いVHSが入ったままでした。電源は入るけれど、見事に作動せず、そのVHSを取り出すことはできません。お決まりの「画像のものが全てです」「ノークレームノーリターンで」「通電確認のみしました」が書かれていたので、自分の目利きの未熟さを恨みました(笑)

基本的にはちゃんとした出品者の方ばかりですが、一定数、チェックが必要な場合もあり、それは説明文の傾向から読み取ることができるのです。

参考:ヤフオク仕入れ徹底攻略法|知っておくべき怪しい出品者の見分け方

ヤフオクリサーチに使うツールは1つだけ

スマホを操作する

ヤフオクリサーチに使うツールはひとつだけです。時間が限られる副業時代は特に、これに助けられました。

入札予約ツール

オークファンのライト会員(月額324円)に登録すると、『入札予約ツール』を使うことができます。ヤフオク上の対象の商品に、好きなタイミングで入札の予約を入れることのできるツールです。

オークションの落札率が最も高まるのは、終了直前の入札です。ただ、終了5分前以内に入札をすると、時間が伸びて延々と終わりません。そのため6分前の入札が一番効果的で、このツールはそれを可能にしています。

入札予約ツールの利用画面

基本は6分前に、自分の欲しい金額(=利益の取れる金額)で入札予約をかけましょう。

時間に縛られないために

これが副業時代に大活躍したのにはワケがあります。ヤフオクのコアタイム(=出品が最も増える時間帯)は夜です。18時~23時くらい。その時間が最も仕入れがしやすくなります。

副業時代はその時間はほぼ本業をしていたので、コアタイムに仕入れができないと致命的なんですよね。そのため、この入札予約ツールを使い、前日に仕込んでおくようにしていました。

そうすることで、急な飲み会や残業があったとしても、前日に仕込んだこのツールが商品を仕入れてくれていたのです。

結論:ヤフオクリサーチもミニマリストの時代

ヤフオクリサーチに「大変そう」といイメージをお持ちの方は多いと思います。出品数も膨大なので、そこから利益の出る商品を探すとなると大変ですよね。

しかし、知人の100万円プレーヤーが言うには、「ヤフオクほど簡単な仕入れ先はない」とのことでした。今でもヤフオクからつながった取引先から仕入れるだけで、毎月100万円以上を稼いで東北の山奥でスローライフを送っています。

これには僕も激しく同意しました。見るべきポイントを絞っていくことで限りなく時短ができ、業者さんとつながれる可能性があるプラットフォームは他にない。

余計な持ち物は捨てて、少ない時間と労力で成果をだすようなミニマリストリサーチは、ヤフオクゆえに可能なものだと言えるでしょう。参考になれば幸いです。

参考:ヤフオク仕入れの始め方【2019年】初心者はまずここから始めよう

【Choose your life】自分のビジネスを持って人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓