副業・複業

仕事を辞める5つの準備|雇われない働き方にスムーズに移行するために

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓



仕事を辞めるためには準備が必要ですよね。思いつきであてもなく仕事を辞めてしまうと、金銭的にも社会的にもなにかと大変になります。

これから『雇われない働き方』を望む人も増えていくので、この記事では「雇われない働き方を選んだ僕が会社員を辞めるまでにした5つの準備」をお伝えさせてください。

雇われない働き方にスムーズにシフトするには準備した方がよくて、「脱サラしたけどそのあとが大変だった」なんて声も聴きます。その経験も貴重ではあるのですが、できれば辞める前に知っておいた方が健全だと思うので!

仕事を辞める準備をすれば独立後に苦労しない

まず、前提を共有させてください。この記事は当時の僕と同じように『働き方も収入も休日も全て自分で決めたい』というアナタに向けたものです。これを読めば働かなくてイイんだ!というものではないと念のためお伝えしておきますね。

というのも僕は会社員時代に「このままの収入で大丈夫だろうか?」という不安と「ずっと会社や仕事に縛られて生きていくのはちょっとな…」と思っていました。

なので雇われない働き方にシフトすることを決めて、個人でビジネスをしながら今の生活を送っています。

仕事を辞める準備=雇われない働き方への準備 

このように考えてもらえれば嬉しいです。

ちなみに独立してから3年以上が経過しますが、たしかにこの生き方は最高だなと感じる毎日です。収入にも時間にも余裕があり、控えめに言ってもやりがいがすごいので。

なのでそんな経験をもとに、これから個人で起業をしていくアナタに向けて、仕事を辞めるために準備しておいた方がいいことをお伝えしますね!

最近になってはじめたnoteの関連記事も好評なので、合わせて参考になれば嬉しいです。

note:雇われない働き方にデメリットなんてない

仕事を辞める5つの準備|独立後も苦労しない流れ

ではさっそく参ります!雇われない働き方にスムーズに移行するために、僕が実際に行った「仕事を辞める5つの準備」はこちらです。

給料に変わる収入源をつくった

会社を辞めても生活ができるだけの収入源は絶対に必要ですよね。「生活は大丈夫かな?」と、ここが一番、みなさんが不安になるところかもしれません。

僕も同じようにその不安はあって、今すぐ会社を辞めてもいいけれど1ヵ月後には大変なことになると目に見えていたんですよね。

とくに貯金もなかった20代のころだったので、まずは収入源をつくろう!と思って副業をはじめました。余談ですが一番意識が変わったのは、

「給料をもらう」から「自ら稼ぐ」という意識

だったようにも思います。

アルバイトなどの副業では意味がないことを考えると、『個人でビジネスをする』しかないと思ったんです。

当時は結婚したてということもあり、家族を路頭に迷わせるわけにもいかなったので、今の給料より稼げて将来につながるものが前提でした。その条件を満たすものが個人ビジネスしかなくて、今に至るといった流れです。

お給料にかわる収入源を確保するために、未来につながる副業からはじめていくとイイと思います。実際に同じように不安を抱えていたコンサル生のリアルも載せておきますね。

参考:将来が不安だったHarunaさんが在宅副業で月20万円を突破してみると

家賃などの固定費を下げた

ランニングコスト(毎月かかる必要な出費)があることはそのままリスクになるので、限りなく固定費を下げようと思いました。

例えば家賃に光熱費、そして通信費や生命保険代や月額サービスなんかがそれにあたりますよね。当時は東京の山手線沿いに暮らしていたのでたしかに便利でしたが、「二人での時間をちゃんと過ごせたら別に東京じゃなくてもよくない?」と奥さんと話して引っ越しました。

月15万円の家賃を10万円にするだけでも、年間60万円が別のことに使えますからね。ビジネスをするにしても投資に回すことができます。

固定費を下げる=投資に回せる金額が増える 

固定費を減らすことで生まれた余剰分をビジネスコンサルに回した結果、収入を増やすことができました。ただ払い続けるより、未来でお金が増えるお金の使い方はナイスですよね。

節約をするとなにかと我慢がストレスになりますが、そうではなくてまずは固定費から見直すと無理なく出費を減らせると思います。

世界的企業のAppleも最初はガレージからはじまったように、雇われない働き方の準備として限りなく固定費を低くすることはとても大切なのです。

税金対応のためにキャッシュを用意した

システムが優秀すぎるのか、税金を引かれることに慣れ過ぎているのか、「自分がいくら納税をしているのか」はよく知りませんでした。会社員のラクな部分でもあり、ちょっとこわい部分でもありますよね。

実際に雇われない働き方をしていくと、税金は自分で納めていくことになります。今は税理士さんにお願いしているのですが、「税金のためのキャッシュ」は用意しておた方が無難でしょう。

仕組み上、去年の給料にかかる税金を今年に払っていくので、僕も「これは会社を辞める前に準備しておいた方が良かったな」と強く思った項目でもありました。そう考えても、副業をスタートして収入を増やしておくことは有効ですよね。

参考:個人のオンラインビジネスの始め方|手法よりも大事な5ステップ

ビジネスコミュニティに所属した

会社員時代から、ビジネスコミュニティに所属するようにしていました。

副業をして収入を増やしたい人だったり、すでに独立して会社経営をしている人だったり、要は自分と同じような考えの人達がいる環境に触れておくようにしたんですよね。

というのも、「本当に会社に依存しない働き方ってできるのかな?」がイメージできなくて。当時の上司も同僚もステキなメンバーでしたが、誰も副業で稼いだ経験や自分でビジネスをした経験がないので、相談できる人が欲しかったんですよね。

人はマジで環境で変わる生き物

これを痛感したのは、副業をはじめるためにビジネスコミュニティに所属したときでした。

例えば勉強会や懇親会の場で、「副業月収15万円です」「副業からはじめて会社を辞めることができました」「会社に縛られなくていいので来月もヨーロッパいってきます」みたいな話を聞くと、自分もイメージできたんですよね。

仮に会社の環境しか知らなくて、「副業なんてしないでおとなしく給料もらっておいた方がいいって」という人が近くにいたら、きっと今のような生き方にはなっていなかったと思います。

自分でもビジネスコミュニティを主宰するようになって思いますが、稼げる自分になるための環境が近くにあるか?は本当に大切だなと…!

参考:半年間、ビジネスコミュニティを主宰して確信したこと

副業のうちからシュミレーションをした

仕事を辞めるための準備として、なにより副業をしながらのシュミレーションが大事です。

例えば毎月の出費はいくらで、毎月の副業収入はいくらあって、入金日がいつで各引き落としも問題なさそうかな?みたいなことはシュミレーションしてみました。

するとお給料がまるっと貯金できることや、会社に行かなくても生活できると気付くという嬉しい誤算もあったのですが。

シュミレーションで気づくことは多い

他にも「時間の使い方」とか「各種保険はどうなる?」とか、一度調べてみると面白いです。

僕は大丈夫でしたが賃貸の契約も人によっては厳しくなったりします。社会保険から健康保険への切りかえなども必要になるので、いざ独立してから慌てることのないように、会社を辞める前のシュミレーションは有効ですね。

また、なにげなく使っているクレジットカードなんかも、個人事業主になるとなぜかつくりにくいので、会社という信用があるうちに作成しておきましょう。

参考:副業用クレジットカードおすすめ5選!ハワイ往復が無料になる制度もアリ

仕事を辞める準備が雇われない働き方に役立つ

以上が僕の実体験にもとづいた「仕事を辞めるための5つの準備」になります。

仕事を辞めるための準備があることで、スムーズに雇われない働き方への移行ができると思います。実際に僕も副業から起業というカタチを取りましたが、今のライフスタイルを楽しめているのは準備ができていたからだと感じているので。

これからよりオンライン化が進み、個人でも稼ぎやすい時代になる以上、お給料とは違う収入源があることはマストでしょう。副業で成果を出して、仕事を辞める準備を進める人も増えていくでしょう。そんな時にぜひ、この記事が参考になれば嬉しいです!

また、最近は「副業をはじめたきっかけは?」と聞かれることも多くなりました。30歳を目前にして悩みまくっていた僕のエピソードがお役にたてれば嬉しいので、よければそちらも覗いてみてください。

参考:個人でお金を稼げるようになって人生が変わる前の話

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓



収入も休日も自分で決める生き方をしませんか?ゼロからはじめるネット起業が学べるメルマガ
無料登録はコチラ
初心者向けのネット副業で収入の不安を消すメルマガ
無料登録はコチラ