Yuya Takamura official blog
Beginning a new life
転売ビジネス

転売がうまくいかない原因は?転売ビジネスで独立した自分の見解。

『転売ってうまくいくの?』そんな声って実は多くて、気にはなっているけれど実際のところどうなの?と感じる人はかなりいらっしゃいます。

世間のイメージはあまりよくないかもしれませんが、「転売」をビジネスとして成功させている人も僕の周りにはたくさんいるので、その辺のリアルも交えながら書かせてください。

これから一層、副業を始める人は増えていくのは間違いないですが、実は成功確率が最も高いビジネスが【転売】だったりもするんですよね。

これから自分の手でお金を稼ごうと思う方には是非、転売ビジネスを強くオススメさせてください。

とはいえ、「転売がうまくいかない…」と悩む方から相談をいただくことも多いので少しでもチカラになれれば嬉しいです。これから始められる方にとっては事前の予備知識にでもしていただければ幸いです。それでは早速まいりましょう。

参考:転売ビジネスで独立して良かったコト|自由を3年続けると充実度がエグい件

転売がうまくいかないのは物理的問題?

時間、ありますか?

世間一般のイメージとしては「チケット転売」がよりポピュラーかもしれませんが、かなりの高値で売りつけるようなイメージがあるので、それはそもそもうまくいくかどうか以前に人としてのモラルが疑われます。

実は副業で一般的な転売は「せどり」と呼ばれるもので、例えばヤマダ電機やビックカメラやブックオフなどの実店舗に足を運んで商品を買って、ネット上で販売するというものです。

一昔前までは、ヤマダ電機も今よりはるかに安い売り出しを定期的に行っており、実はその手法でも食べていける人が沢山いたのだとか。

今となっては「転売ですか?」なんて聞かれるので、かなりやりづらくなっている上に、そもそも物理的に実店舗に行く時間って、ありますか?

おそらく「転売」というワードに行き着いたのは理由があると思います。

『少しでも副収入を』『会社のお給料に依存しているままじゃヤバいかも』そんな風に、副業を始めようと感じて行き着いた方が多いのではないでしょうか。

しかしながら「転売がうまくいかない」のは、フルタイムで働く本業がありながら、仕事終わりに実店舗を周る時間が無いことがまず挙げられます。お店、閉まってしまいますからね。

心理的にも負い目を感じてしまう可能性の大きさ

実は上記のように実店舗で商品を仕入れるとなると、気になるのが店員さんや他のお客さんの目線です。副業として始めていく段階では、例えば会社の同僚や上司に見られたらなんとなく気まずいなんてこともありますよね。

商品を片っ端から利益が取れないかと確認していくわけなので、必然的に滞在時間も長くなります。いつまでも購入せずに明らかにずっといるお客様がいたら、お店側も不審に思うのは仕方が無いのかもしれません。

今時期の年末商戦では「おもちゃ」なんかもよく売れるジャンルで、例えばトイザらスなんかもメジャーな仕入れ先だった時期があるそうです。

しかし、「これ、すごく利益が出るぞ!」なんて手にした商品が他に欲しい子供がいて、『あのおじちゃんにもってかれた~泣』なんてシチュエーションで心を痛めない人は少ないとのではないでしょうか。時間的なことも含め心理的な面においても、転売がうまくいかない理由はお判りいただけたでしょうか?

疲弊して続かない。

これもよく聞く話で、単純に大きく稼ごうと思えば作業量は増えていきます。

ただでさえ時間が無い中で取り組んでいるのに、もっと収入を得ようと思ったらもっと物量を増やさなければなりません。その分、実店舗に足を運んで寝ずに梱包して発送してたまたまその月は少し稼ぐことができたけれど、次からは続いていかない。

忙しさから抜け出せず、疲れ切ってやめていく人も多いんだとか。これも立派な、「転売がうまくいかない理由」に挙げられます。

転売で「うまくいく方法」はコレ

インターネットで完結。時間を選ばない。

そんな「転売」ですが、実は副業実践者の中でも圧倒的に独立する人数が多いことで知られています。この際の呼び方はどうでもいいですが、転売⇒物販と事業規模を大きくしてく流れがテッパンで、その大半の方は「インターネット」の力をうまく使っていることが分かりました。

【商品を安く仕入れて適正価格で販売する】というシンプルなビジネスモデルですので、これまでは実店舗に足を運ぶ人が多かった。

しかし、転売ビジネスはネットで完結させることができます。

インターネット上で仕入れをしてインターネット上で販売する。これだけで物理的な時間の問題は大幅に解消されました。

本業を終えて会社を出て、急いで実店舗を回って店員さんや他のお客さんの目を気にしながら重い商品を抱えて家に帰る…そんなことはしなくていいのです。

ネットを使えばいつでも商品を見つけることができます。それこそ会社のランチタイムにスマホで活動ができますし、閉店時間もないので慌てて帰宅する必要もありません。家族と食事をとってからでも始めることができますよね。ネットを使って活動していくだけで、大きく効率が上がります。

参考:在宅の副業に転売をオススメする5つの理由|ノーストレス生活の裏側

ネット完結で「資産化」できる。

インターネットを使って活動することにより、お持ちのPCやスマホに「儲かる商品リスト」を構築していくことができます。

今では専用のアプリも複数世の中に出回っており、儲かる商品がネット上に出品されたら通知をくるような状態にすることもできます。それを買って(仕入れて)、ネット上で販売するだけで利益を出せるので、物理的な問題はほとんど解消されていますよね。

商品リストを何百件~何千件と構築するのもネット上のライバルから抜き出してくることで、ひとつひとつを実店舗に行って確認する労力は必要ありません。

また、一度構築した商品リストや仕入れのノウハウはアウトソーシングができます。

在宅で少しの収入を得たいママさんや、専業主婦で日中に少しでもお小遣いを稼ぎたい方が集まる人材サイトがあるので、募集してお仕事をお願いできます。これもネットを使うことによるメリットと言えるでしょう。

人生が続く以上は収入を得ていく必要があるので、永く稼ぎ続けるための動きがネット上で比較的カンタンに進めてることができ、産化されていくのも大きな魅力です。完全な不労所得とはいかなくとも“半”労所得くらいには余裕で成っていくので、ある意味資産ですよね。

僕だけじゃない。「1年以内に脱サラして好きに生きる人たち」

素人が取り組んで初月で20万を稼げるのは転売だけ

転売ビジネスの一番のイイところはその圧倒的なスピード感がまず挙げられます。僕自身も「副業を始めよう!」と思ったのが2年前の夏。そこから開始三カ月が過ぎたころには本業の手取り分以上を、自分の手で創ることができました。

その年度末には会社員という生き方をやめることができて、それからは時間に縛られない生活をしてきました。家族を守れるだけの経済力が必要だったので、どうしても結果は出したいと思って取り組んだのですが、転売というビジネスモデルに助けられた部分は多分にあります。

最近になって出会った人も、本業があるなか全くの未経験から転売ビジネスに取り組み、初月で20万円を稼いでいました。このスピード感は紛れもない特徴だと思っています。夢がありますよね。

『真似できる』ことが再現性の高さの秘密

実は多いんです。転売ビジネスを始めて自分の手でお金を稼げるようになって、独立を選んだ人たち。

利益を生む構造上、とてもスピード感があるというのは前述のとおりですが、それ以外にも「成功しやすい理由」があります。

それが、『再現性の高さ』です。聞きなれない言葉だと思うので補足すると、要はマネがしやすいということ。単純に実績がある人と同じ商品を扱えばほぼ同じように成果が出ていくからですね。

僕も今でこそコンサル生を抱えて、自分のノウハウをお伝えさせてもらっていますが、みなさん成果を上げてくれています。

今年になって出会い、コンサルを始めさせてもらった人がすでに脱サラを決めました。しかも2人も。

他にも副業で子育てもある主婦の方が、先月40万を突破して、いよいよ本業を辞める態勢に入っています。転売ビジネスの再現性はとんでもなく高いからこそ、頑張りがちゃんと報われるんですよね。これからも、チカラに慣れる自分でいたいですし、これが僕が転売ビジネスをオススメする理由です。

「実際に成功者が続出している」という事実があれば、多くを語る必要もないですよね。

参考:転売で成功するたった1つの考え方|成果を出すにはこれ以外いらない

転売がうまくいかない理由はカンタンなこと。

ちゃんとした方法に取り組んでいないから

上記でお話したとおり、一概に「転売」と言ってもノウハウは無限にあります。もちろんその中には、今では使えなくなってしまったものも当然ありました。

転売でうまくいかない理由はとてもシンプルで、ちゃんとした方法に取り組んでいないことがまず、挙げられます。

自分と同じようにお金のことで頭を抱え、これから転売ビジネスで結果を出そうとされている方にもしココまでお読みいただいているのなら、是非、ちゃんとした方法で取り組むことをオススメします。

これだけのスピード感と、圧倒的再現性を持つビジネス/副業は他に知りません。

事業主としての自覚を持つ

こう書くと難しくうつりますが(苦笑)、稼ぎ続けることも視野に入れていきましょう。

今月は結果を出せたけど、来月はどうなるか分からない。そんな状態はビジネスではなくギャンブルです。

正直に言えば、あまり頭を使わなくても結果を出しやすいのが転売です。でも逆に言うと、頭を使うとかなり稼ぎやすくなるビジネスモデルでもあります。

一瞬だけ結果を出して終わるのではなく、事業主としてビジネスを続けていくことを考えると、正しいやり方も見えてきますよね。

これからもそれは実体験としてお伝えできるよう、自分も走っていきます。

それではこの記事はこの辺で失礼します。メルマガでお会いしましょう!

【Choose your life】自分のビジネスを持って人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓