Yuya Takamura official blog
Beginning a new life
転売ビジネス

副業転売にオススメの時間持ちになる方法|自動化でお金が生まれる正しい仕組み

この記事では、副業転売にオススメの『自動化』について書いていきます。

副業を始めるにあたり転売がオススメなのは言わずもがなですが、理由はいくつかあります。その中の最大の魅力は「自動化」だと思っていて、一度稼げるようになったらそれを仕組化して自動収入だ!という、なんとも怪しい感じが実現できるのです。笑

僕の場合は独立に舵をきりましたが、コンサル生の方の中には副業のままに手離れを進めていっている人もいます。月に30万円を自動化してみるのも良いですし、独立するところまでいくことも可能ですが、本業以外にもカタい収入源を!ってとにかく安心感がありますよね。それこそサッカー日本代表の中島選手のドリブルくらい安心できます。

副業で続けていく場合にはやっぱり「自動化」がオススメなので、そのあたりも視野に入れつつ進めていきましょう。

副業に転売をオススメする3つの理由

まずは前提として、副業に転売ビジネスをオススメされる理由もお伝えさせてください。総じて魅力が溢れる感じになってしまいますが、そこは盛りナシでお伝えしますね。

最速でお金が増える

「最速でお金が増える」と聞くと、少し前に電車の広告でよく見かけた六本木のヤツかな…?とも思われそうですが、そうではなくて(笑)

およそ副業でオススメと言われる手法の中で、個人的には最速で成果を出せるのが転売ビジネスだと思っています。

それはなぜかと言えば、すでに価値のあるものを安く仕入れて適切な価格で販売するだけだからです。そのスピード感のおかげで「未経験からスタートして3か月で脱サラを決意」することができました。

詳しくまとめた記事もあるので、副業で転売に取り組み速さを味わった僕の経験が参考になれば嬉しいです。

参考:副業転売の正しいやり方|3カ月で会社員を辞めることにした実話

仕組化がしやすい

転売の魅力のひとつに、仕組化がしやすいというものがあります。

作業自体はさほど難しいものではないので、丁寧に伝えることができれば誰かに協力してもらうこともできます。収入が生まれるような仕組みを完全にゼロから創るのではなく、プラットフォームのチカラを借りたりしながら、構築していけばイイ。

よく、経営者は「自分がいなくても会社が回ってお金が生まれていることが理想」と言いますが、それも仕組化ですよね。それを個人の副業レベルでも創りやすいのが、転売の魅力のひとつでしょう。

参考:副業で成功したいアナタへ|他力本願で一気に駆け上がればイイ

「カタく」稼げる

はい、転売はカタく稼げることで有名です。そこには再現性の高さや、行動量に応じて数字も安定してくるという意味も含まれるでしょう。

世界一カタい食べ物って実は、鰹節とされています。2位は中国の干しアワビで3位が干し肉。2位以下を大きく引き離して鰹節がカタいんだとか。他の副業を干しアワビだとすれば、転売はまさしく鰹節と言えますね。

正しい方法で取り組めば普通にスキルが身に付いていくので、稼ぎ続けていけるのもそれが要因だと感じています。

副業転売は自動化がオススメ

何よりも副業で取り組むのであれば、自動化がおススメです。まずは自分の手で利益を10万円以上稼いでから、徐々に手離れをしていけばいいと思います。その上で、自動化できるポイントについてもお伝えしていきますね。

FBAを使う

FBAとは、みなさんご存知Amazonの出品者向けサービスになります。

副業転売の一番の販売先はAmazonをオススメしますが、その理由のひとつにこのFBA(フルフィルメント)が挙げられます。販売・梱包・出荷という一連の流れを全て代行してもらえるので、これは副業時の大きなアドバンテージになりますよね。

特にAmazon側の人間ではないのですが(笑)、この仕組みには僕も何度も助けられました。

ものすごいシンプルに言うと、「商品を仕入れてAmazonに送ればあとはOK」というコト。会社の飲み会で遅くなってしまったな~なんて時も、売り上げがあって収益が発生している、ということもよくあります。

納品外注

AmazonのFBAというサービスが、販売・梱包・出荷という一連の流れを全て代行してくれるというのはお伝えしました。月額5,000円で利用できます。

ということは実際に仕入れた商品をAmazonに納品する、という作業が求められますよね。これも慣れてしまえばそこまで時間のかかるモノでは無いですが、続けていくなら外注化をすることをオススメします。

基本的には納品代行業者を使うのか、個人の方にお願いするのかの二択になりますが、個人的には後者を推奨しています。コンサル生の主婦の方も、パワフルな外注さんが見つかったそうで、本業が忙しくとも継続的に利益を上げるようになりました。

10万円~15万円を稼いだ時点で、踏み切っていいポイントと言えます。

リサーチ外注

転売ビジネスには商品を仕入れるまでの「リサーチ」という作業が必要となってきます。僕の場合はある指定の商品を専門に買ってもらう外注さんと、じっくり力をつけてもらってリサーチそのものをお願いしている外注さんがいます。

例えば自分がこれまでに仕入れた商品のリストを渡して、見つかったら仕入れてもらうようなこともできるし、価格差のある商品のURLを送ってもらい自分で決済だけ行う場合もあります。

リサーチ外注に関しては商品が見つからない場合のモチベーションの維持が難しいので、まずはカンタンなことからお願いして、裁量を増やしていくのがイイでしょう。

とはいえ、一番最後に外注する部分ですので、優先度はそこまで高くありません。まずは自分が基本のリサーチを身につけていきましょう。

利益計算外注

 

Amazon上で売り上げが反映されるので、それを集計してもらう外注さんも創ってみるといいかもしれません。商品数が少ないうちはする必要はありませんが、副業として続けていくのであれば、手離れできる部分はしておきましょう。

ご自身のAmazonアカウントは、特定の人に「ユーザー権限」を付与することができます。外注さんに権限を渡して、自分のアカウントに入ってもらい、売り上げを集計してもらうだけです。仕入れ値の分かるシートも共有して、入力してもらうような流れになります。

まとめ仕入れ

取引先をつくってまとめ仕入れができると、仕入れが半自動になります。

実際に僕も毎月300万円くらいの仕入れを行っていますが、取引先にメールをおくるだけでほぼ完結しているので、『時間持ち』になることができました。毎月、月初と中旬にメールを送って「今月の在庫状況はいかがでしょうか?」とお伺いを立てて商品を仕入れています(笑)

僕の仕事は決済くらいで、その商品が納品外注さんのところに行って、Amazonに納品される。そして販売もAmazonが行ってくれています。副業転売に自動化をオススメする理由は、時間的余裕を手にすることができるからでもあります。

参考:せどりにメーカー仕入れは必要ない|個人が勝つための戦い方を教えます

最後に

副業に転売をオススメする理由も、自動化を推進している理由もお分かりいただけたでしょうか。なかには「転売は大量作業で疲れる」「大変だ」という風潮もありますが、それも分からないワケではありません。ただ、正しいやり方をしていければ成果を出すことができるし、自動化に向けて進めていくことができるのです。

冒頭でも書いたとおりに、本業以外であまり手のかからない収入源があれば安心感が違いますよね。それこそ巨人の菅野投手が先発の時くらい、安心できます。

こちらの記事も参考に、ぜひ、視野に入れて取り組んでみてください。

参考:転売が大変だという情報に流されて辞める人への最終回答

【Choose your life】自分のビジネスを持って人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓