Yuya Takamura official blog
Beginning a new life
転売ビジネス

せどりはクレジットカードの使い方次第|口座のお金が増える3つのポイント

せどりと呼ばれるビジネスをやっていくと、クレジットカードをどのように使っていくのかで成功するかどうかが決まります。

「クレジットカードって、なんだか怖くない?」という気持ちは、僕もすごくありました。田舎の親戚はいまだに危ないものだと思っていたりします。

しかし、せどりという『個人でも稼ぎやすいビジネス』で大きな成果を出すには、クレジットカードの使い方が間違いなく大事になってきます。資金枠を有効に使い、最大限の数字を上げていくには、使い方を知っておく必要がありますよね。

自分自身も開始三ヵ月で手取りを上回る収入を創ることができましたが、それはクレジットカードを有効活用してきたからなのです。その経験も踏まえて、この記事を書き進めていきますので、参考になれば幸いです。

せどりにクレジットカードは使ってイイ

結論として、クレジットカードはせどりの仕入れに使えるというコトが分かっています。

カード会社が禁止しているのは「カード枠の現金化」という不正利用であって、ビジネスの経費とする場合にはOKとのこと。使えば使うだけ手数料が入るわけなので、そもそもカード会社がカード利用に関して嫌な顔をするメリットはありません。

おそらくもっとも有名な某住友カードのヘルプセンターに確認しても、「事業に関わる経費にもカードをご利用いただけます」「経費の中でも特に不可といった区分けはございません」という回答をいただきました。

せどりの仕入れにクレジットカードは利用可能だということは、インプットしておきましょう。

クレジットカードを知る3つのポイント

大事なポイントを教える人

これを押さえておけば、クレジットカードの扱いに苦労することはありません。知らないとコワイままですが、しっかり把握することで最強の武器になるのです。

僕はこうやってお金を残してきましたので、ぜひ、参考にしてみてください。

締め日と支払日

クレジットカードを使うのに、締め日と支払日を把握していな人が実は多かったりします。これを把握して仕入れに使うことが鉄則で、さすればお金はしっかり手元に残っていくでしょう。

仕入れに使った代金がいつ計上されて、いつが支払日になるのか。要はそれまでに仕入れた商品を現金化していけばイイので、何も難しくはありません。

楽天カード:末締めの翌月27日支払い

ANAカード:15日締めの翌月10日払い

ちなみに僕の場合は管理シートをエクセルで創っており、商品ごとに「使ったカード」「支払日」を一目で分かるようにしてあります。そうすることで、いつまでに売り上げを創っておけばいいかが分かるので、管理もラクになりました。

最低限の知識なので、把握しておいてください。

仕入れに使うタイミング

締め日と支払日を把握したうえで、仕入れるタイミングも決めていきます。

なぜかと言えば、資金繰りを最長で回すために他なりません。仕入れた日から引き落としまでが販売できる期間と考えると、これはできる限り最長にしたいですよね。

楽天カード:末締め→毎月1日から使用

ANAカード:15日締め→毎月16日から使用 

締め日から一番遠い場所で使うと覚えておいてください。3月31日に締まるのであれば、4月1日から仕入れに使います。そうすると支払いは5月の27日になるので、およそ56日間の間に現金化をすればいいのです。

基本的には1か月以内に売れていく商品を仕入れるので、「支払いが間に合わないんじゃ…」という恐怖は限りなくゼロにしていきましょう。

支払いの恐怖をなくすために

せどりの仕入れにカードを使っていて、支払いが回らずに苦しんでいる人は、クレジットカードの使い方を把握しきれていないケースが往々にしてあります。それは仕入れを安定させることで改善ができるので、そのために

「ショッピング枠は2カ月で使う」 

ことは徹底しましょう。

仮に月の前半に使える楽天カードが100万円の枠の場合は、当月に仕入れに使うのは50万までです。3月の1日~15日で50万を仕入れた場合、その支払いは4月27日にきます。ただその前に、4月1日~15日で仕入れた50万円分の仕入れもありますよね。

つまり、3月仕入れ50万円+4月仕入れ50万円から、3月仕入れの50万を支払えばいい状態が整いました。どうやっても50万円分の赤字を創る方が難しいので、仕入れを安定させていけば資金ショートが起きることはまずありえません。

参考:転売ビジネスの仕入れはクレジットカードを理解するところから

仕入れ先別の正しい使い方

クレジットカードをポケットにしまう

ここではそれぞれの仕入れ先ごとのカードの使い方もお伝えしていきます。僕自身は在宅でネット完結のせどりビジネスが主な収益源なので、実体験を書かせていただきますね。

ヤフオク編

ヤフーオークションで商品を仕入れる場合には、落札から支払いまでの猶予が一週間あります。出品者の方によってはマイルールを創っている場合もありますが、ヤフオクのルールでは「一週間以内に支払えばイイ」のです。

ヤフオク仕入れの決済期限

月の仕入れ目標があった場合、一週間前から落札を始めていきましょう。そして締め日から一番遠い日にカードを使えるタイミングで決済して、可能な限り資金繰りを最長で回していけばイイのです。

出品者の方には、「期限内にはお支払いをさせていただきますのでよろしくお願いします」と一言、添えておくのを忘れずに。

メルカリ編

メルカリの場合は仕入れ日と支払日はイコールになります。ヤフオクのように、前々から仕入れを貯めておくことはできません。

例えば楽天カードで決済をするのであれば、1日にできるだけ仕入れ分は支払いたいですよね。その場合はメルカリの文化でもある「専用」をうまくつかい、1日決済の商品を増やしていきましょう。

具体的には「1日になればすぐに決済ができますので、それまで専用にしていただけないでしょうか?という投げかけを月末にやっていきましょう。そうすることで、可能な限り資金繰りを最長で回せるのです。

出品者様との信頼の為、忘れずに決済をするようにしましょう。

ラクマ編

こちらもメルカリを同じ理由ですが、購入日=支払日となります。ただラクマの場合には「購入申請」というシステムがあり、出品者の許可が無いと購入できない場合もあったりします。

なので、これも月末に(できれば決済をする2日前)には「1日なれば~」のメッセージを送っていきましょう。メルカリほどの売れ行きはないので、割と応じてもらえるイメージです。

とにかく、各プラットフォームの特徴を活かして『最長で資金繰りを回す』を徹底していきましょう。

実際に見た失敗事例

実際にせどりでうまくいかない人も見てきました。コンサル生の中にも、「実はあまりうまくいってなくて…」と言って僕のところに来てくださった方もいます。

大きな失敗の理由は『資金繰り』によるところです。せどりは確かに稼ぎやすいビジネスで、初心者の方でも大きく飛躍できるものだと思っています。会社員としての昇給を待つのであれば、せどりで毎月10万円のお小遣いを得た方がいいですよね。

ただ、

クレジットカードを正しく使えばせどりで失敗することはない 

これは断言させてください。

クレジットカードの特性を把握していけば、概ね解決できることばかりです。資金繰りの秘訣をお伝えしたコンサル生はお金を残せるようになり、見事脱サラも果たしました。

しっかり理解して使っていけば最強の武器になるので、どうせ使うならメリットを享受したいですよね。

せどりで失敗しない正しい使い方を

まとめると、『カードの締め日と支払日を把握して、仕入れ先ごとの特徴を踏まえた上で、資金繰りが最長になるように仕入れをしよう』ということになります。

これをするだけで、口座にお金が残っていくせどり生活をすることができます。現に自分もそれを続けてきて、毎月家族と旅行にいけるくらいは人生を楽しめるようになりました。

正しい使い方をして、正しい成果をあげていきましょう。具体的な手法も書いた記事がありますので、併せて参考にしていただければ。

参考:Amazon転売で失敗しないための厳選3ヶ条/100万円プレーヤ―の僕が語ります。

【Choose your life】自分のビジネスを持って人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓