Yuya Takamura official blog
Beginning a new life
転売ビジネス

転売の利益率を本気で上げたい人に伝えたい3つのコト

転売ビジネスを進めていくと「利益率」の壁に確実にぶつかります。コンサル生の方からも利益率に関しての相談を受けることは多いです。利益率が低いと、手元にお金が残っていかないので稼ぐ実感が湧きにくいですよね。

今では利益率は10%残ればいい方だなんて発信も見かけるようになりました。僕は毎月数百万という金額を動かしていはいますが、30%弱の利益率を保っているのでその辺は少し考えが違います。

結論を言えば、利益率を上げる方法は存在します。少ない資金でも利益率を上げて、お金を残すこともやってきたので、その経験も合わせてこの記事を書いていこうと思います。

転売で利益率を上げた方がいい理由

これは転売に限らずですが「利益率の高いビジネスをしよう」という動きは当たり前に広まってきていますよね。

例えばコンビニオーナーって、利益は本部に取られるけれど廃棄分の損害は自己負担なので、トータルの利益率ってものすごく低いです。だから永続的な労働をしないと生活が回りません。それと同じで転売においても利益率が低いと、ずっと作業をしなければならないのです。

■1個1万円仕入れの商品を10個仕入れたケース(仕入れ総額10万円)

 

利益率10%の場合

→1個売れて11,000円⇒⇒8個売れた場合は88,000円→→仕入れ資金の回収ができていない⇒⇒⇒10個全てを急いで売り切る必要がある

 

利益率30%の場合

→1個売れて13,000円⇒⇒8個売れた場合は104,000円→→仕入れ資金も回収し4,000円の利益を手にする⇒⇒⇒残りの2個の26,000円分はいつ売っても全て利益になることが確定

手数料などの細かい点は省いていますが、利益率が高いと多くの恩恵があることは確かですよね。

利益率を上げてキャッシュを残す3つの秘訣

現金を手に入れて喜ぶ女性

自分が転売を始めた頃は資金枠も決して潤沢ではなかったので、どうしても利益率を上げる必要がありました。そうすることで手元にお金も残るようになり、余裕を持って毎日を過ごすことができています。

実際に利益率を上げるために行ってきた方法も紹介させてください。

まとめ仕入れを使う

まとめ仕入れを使うのかかなり有効です。仕入れにおける時間の短縮がデキるばかりか、当たり前に交渉ができるのです。

「たくさん買うので安くしてください」

このやり取りによって大幅な利益率の向上が見込めます。例えば、以下の画像は1つ30,000円で販売可能な商品を12個ほど提案いただきました。

この時点で購入しても1個6,000円の利益×12で72,000円の利益がほぼ確定でした。しかし、さらにここから踏み込んで、「20個購入させていただくのでお値段のご相談はできませんでしょうか?」とお伝えします。

するとこのように、さらに値引きをしてくださいました。

最初は一台20000円でご提案をもらっていましたが、17500円までの値下げ交渉に成功します。そうすることにより、ひとつあたり8500円の利益に増えました。利益率も大幅にアップしていますよね。

参考:ヤフオクからラクマへの誘導方法|大量仕入れを成功させるコツ

中古商品を扱う

これは定番ですが、利益率を上げるなら中古商品を扱うとイイです。

・一点モノであること

・相場を決めれらること

・仕入れ値が安いこと

これらが中古商品の特徴と言えます。新品商品のように大量に出回っているワケでもなく、明らかに相場が決まっているわけでもありません。しかも仕入れ値も各段に安いので、大きな利益額と利益率を手にすることができます。

お金を残す転売をやりたいのであれば、利益率を格段に引き上げる中古商品を扱うことはマストと言えるでしょう。

参考:【Amazon転売】中古品で稼ぐための鉄板5ヶ条を全てお伝えします。

併売を駆使する

併売を駆使することも利益率の上昇に役立ちます。Amazonでよく売れる商品もあれば、ヤフーでよく売れる商品も存在するからです。僕は現在ヤフオクとAmazonを主な販路として使っていますが、利益率が大きいのはヤフオクの方です。

Amazonは現金を回すため。ヤフオクは現金を残すため。

また、メルカリとヤフオクの併売もアリです。どちらか一方を安く出して、どちらか一方を高く出品する。ユーザー層も違うので、高値の方が売れていくことも普通にありますので。

1つの販路に拘らず、価格差の演出をすることはとても有効です。

参考:Amazonとヤフオクの併売はアリ?意外と知らない自動発送方法

利益率を上げた具体的な商品例

ここでは実際に、これまで大きな利益率で販売ができた商品をお伝えします。定期的に市場に出回っていますので、参考になれば。

13,500円仕入れ⇒26,980円販売

■仕入れ13,500円

■販売 26,980円

利益率が高い状態で販売できた商品

利益率40%を取ることができていますね。

21,600円仕入れ⇒39,800円販売

■仕入れ21,600円

■販売 39,800円

利益率が高い商品の実例

この金額での販売で利益率が35%取れていれば十分ですよね。

121円仕入れ⇒最低11,000円販売

■仕入れ121円

■販売 11,000円以上

高い利益率で販売した実例

利益率89%ですので、我ながらナイスだと思います。

転売では利益率を上げて現金を残そう

転売と利益率の関係は切っても切れないものですので、うまく付き合っていくことが大切です。利益率が低ければ常に売り続けなければいけない上に、現金を残すことも難しくなっていくからですね。

僕自身も転売を始めたころ、利益率が低くて苦労しました。そこから中古品を扱っていくようになったり、取引先を創ってまとめ仕入れをすることで、利益率が上がっていったのです。その恩恵は特に専業になった時に大きく感じました。

お金がぐるぐる回っている状態は副業であれば問題ありません。利益率が低くても、です。しかし専業になると生活費なども捻出する必要があるので、利益率が低いままだと手残りのお金がなくて苦しくなるんですよね。

規模を大きくすることも一つの手ではありますが、まずは利益率を高めるための工夫をしていきましょう。参考になれば嬉しいです。

【Choose your life】自分のビジネスを持って人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓