Yuya Takamura official blog
Beginning a new life
情報発信

転売の情報収集に失敗する人の特徴|直感を信じて一つに絞る理由

「転売ビジネスは情報が大事だ!」という声があり、それには激しく同意です。

しかし、情報が多すぎて逆に混乱することってないですか?転売の情報収集がうまくいかない人には特徴があって、絞り切れないことが原因といえるでしょう。

僕が初めて月収が7ケタになったのも、直感を信じて情報源を一つに絞ったところからでした。むやみやたらに情報を集めようと思っていた頃は、あまり成果は出ていません。その経験も交えながら、この記事を書いていきます。

これから転売ビジネスを始めていく人の参考になれば嬉しいです。

転売の情報収集をするなら「絞れ」

あれは数年前のことです。

「起業するために人脈を創るんだ!」と、積極的に異業種交流会に顔を出していた友人が、今も変わらずフリーターだったりします。やみくもに知っている人を増やして濃い付き合いができなかったことが、その理由でしょう。

ビジネスには選択と集中という言葉があるように、広げすぎると混乱して遠回りなんですよね。『情報収集をするなら絞れ』は真理だと、強く思います。そしてそれは、間違いなく転売にも当てはまりますよね。

転売の情報収集は絞った方がイイ理由

インタビューをしている様子

広く情報収集をすれば、必ずしも「濃い情報」を得ることができるわけではありません。特に転売ビジネス初心者の頃こそ、どこから情報を収集するかは絞った方がイイです。

混乱するから

当たり前ですが、情報収集を広くやりすぎることによって混乱します。初心者の頃は特に、何もかも魅力的に見えてしまうので、結局のところどっちつかずになるんですよね。

「有在庫も魅力的だけど、無在庫もオイシイのかな…」「Amazonもいいけど、BUYMAも稼げそうだ…」「この発信者の言うことと、ネット上の情報がどちらが正しいのだろう…」

そんな風に、どの情報に従って進めていけばいいのかが分からず、混乱します。情報を絞らないといつまでも動き出せないことも覚えておいてください

まずは1つのノウハウに集中しよう

これまで多くのコミュニティに参加してきましたが、実績を出すまでが早い人ほど、情報源は絞っていました。単に混乱を避けるだけではなく、「決めて動き出す」という効果もあるために、稼げるようになるまでのスピードが速いのでしょう。

『ノウハウコレクター』とは、様々なノウハウを買い漁り、いまだ成果が出てない人を揶揄する表現ですが、1つのノウハウに集中できない典型例だと思います。やりきれない。その結果、いつまでも稼げるようにならないツライ日々を過ごすことになるのです。。

表面上の情報は薄いから

こうやってブログを書くようになるまで、僕自身も色んなサイトを研究しました。特に転売系の記事は読み漁りましたが、報の核となる部分は無料では出ていない場合が多いですよね。

ゆえに、「表面上の情報」を取り続けても、なかなか成果には通じないのかなと感じました。より濃い情報を得るには発信者に近づくこと(メルマガ登録・他SNSをチェック)は、かなり有効だと思います。

情報収集を広げすぎてつまづいた事例

文房具で散らかっている机の上

ここまで、転売における情報収集は絞った方がイイ理由をお伝えしてきました。これからは、実際につまづいた事例をお伝えしていきます。

情報が古い場合がある

転売の情報ってすごく出回っていますよね。注意して欲しいのは、情報が古い場合があるということです。広く情報収集をしようとするあまり、鮮度に気付けない場合があります。

副業で30万を目指しているコンサル生がいますが、実は転売歴は僕と同じくらいだったりします。それまではブログの無料情報をもとに活動していたので、10万円を稼いだことさえなかったとか。

それはズバリ、古くなってしまった情報を得ていたからです。情報を得るのであれば広げすぎずに、鮮度にも注目してみましょう。

どっちつかずになる

人の心は面白いもので、「人生を変えたくて自分でビジネスをしようと思います!」とは言っていても、明日には違うことを考えていたりするものです。笑

『ヤフオク転売がイイって聞いたけど、Amazonもいいらしい。でもメルカリもいいらしいよ?』そんな風に、激しく心変わりしてどっちつかずになります。

うまくいかない時期×多すぎる情報はうまくいかない時期を延ばすことにしかならないでしょう。

情報を掴んでも実行力不足

多く情報を掴もうとする姿勢は素晴らしく、同時に、自分の実行力も加味できるとさらに良いです。どれだけ素敵なアイデアがあったとしても、形にしなければ価値は無いですよね。それと同じで有益な情報を得たとしても、実行できなければ死んだ情報になってしまうのです。

特に転売初心者の頃はインプットするべきことも多い。自分のチカラで稼ごうとするなら当たり前ですが、色々とタスクも増えます。情報を得るだけではなく、実行できるかどうかも考えながら進めることで、真に活かすことがデキると思います。

広げすぎなかったから成功できた

幸運を祈るビジネスマン

自分の場合、過度に情報収集をしなかったから成功できたとも感じています。焦らず自分が正しいと思う情報をとって、そこを信じて突き抜けることができました。広げすぎていたらどれも魅力的に感じてしまって、おそらくなかなか成果を出せなかったハズです。

1つのノウハウ集中できた

1つのノウハウに集中したことで、開始3か月で当時の手取り以上を稼ぐことに成功しました。転売の情報収集を絞った方がイイのは、逆説的ですが「覚悟を決める」ことにもなります。他の情報は遮断したので。笑

コンサルフィーを払って有料の情報を取りに行くメリットもここにあると思っています。

『この情報に決める/この発信者の言うコトに決める』という覚悟の無さの表れが、多くの情報を取らないと不安になることにつながっているのです。多くの情報を収集しないと不安な人ほど、無料情報に躍らせれて稼げなくなっていきますよね。

情報収集を広くするのは成果が出てから

転売の情報収集を広げるのは、成果が出てからでいいと思います。それまでは選択と集中で、ひとつのことに没頭してください。僕自身は広げる余裕もなくて、結果的に没頭するしかなかったのですが…苦笑

転売のメリットは自動化がしやすいことなので、まずは一つを確立させて安心を手にしてから次にいきましょう。情報収集を広くするのは、それからでも全く遅くないので。

ノウハウコレクターも絞って月収50万

これまでコンサルをさせてもらった方の中に、ゴリゴリのノウハウコレクターだった女性がいます。今では副業で50万近くを稼ぎ、自動化も進めている段階です。これってすごく嬉しい変化なんですよね。

分かりやすく成果が出たのは、情報を絞ってもらってからです。ノウハウコレクターだった彼女はどうしても、良さげな情報につい耳を貸す側面があったので、僕のコンサルを最後にしてくださいと伝えました。

なんてことのない一言ですが、「あれで覚悟を決められました。今までは選り好みを常にしようとして、どっちつかずだったのかもしれません」とお礼されたことは忘れられません。

成果が出るまでに情報を絞ることは、心理的にもイイ影響を及ぼすと感じています。

最後に

転売の情報収集をするなら、早い段階で「絞る」ことをオススメします。無料情報ばかりを追いかけている人は、有料情報の価値に気付きずらくもなっていくので、結果的に稼げるようにならなかったりするので。

具体的には情報源を絞るとイイと思っていて、それは僕の場合は「人」で決めました。有料のコンサルを受けることも決めたので、自分としても覚悟が決まるんですよね。無料で広く情報を取ろうとすると、いつでも逃げることができて、いくらでも言い訳できてしまいますから。

何人もの女性と浮名を流すよりも、一途に一人の女性を大切にできる方がカッコイイので、転売における情報収集もそのスタンスでいいと思います。

参考:ビジネスにおけるメンターの探し方|良い出会いをする5つの秘訣

【Choose your life】自分のビジネスを持って人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓