Yuya Takamura official blog
Beginning a new life
メルカリ

【メルカリせどり】仕入れ、スマホアプリで10秒かからないってよ

この記事では、スマホアプリを使うことで、メルカリせどりの仕入れを10秒で終わらせるテクニックをお知らせします。僕もさすがに10秒には驚きましたが…笑

メルカリを使ったせどりで大きく稼ぐ人も多いですが、その反面、実は時間的な問題でなかなか仕入れができないと嘆く方も多いですよね。メルカリで仕入れてAmazonやヤフオクで販売するようなモデルは利益がとりやすいですが、まずは仕入れをすることがスタート。そこから大きな収入が生まれていきます。

時間がなかなかないのであれば、短時間で済む仕入れ方法を実践していきましょう。実際にコンサル生にも取り組んでもらっているような内容ですので、是非、参考にしてみてください。

スマホアプリでせどりをする流れ

まずは実際に、メルカリせどりの仕入れにスマホアプリを使う流れを見ていきましょう。難しくは無いので、記事通りに実践してみてくださいね。

フリマアラートを使おう

使うスマホアプリは「フリマアラート」です。フリマウォッチも大変有能ですが、新品と中古の選別がデキるということで、僕はフリマアラートを使っています。

フリマアラートはコチラ

まずは早速、スマホにダウンロードしてみてくださいね。

使い方の流れ

フリマアラートの流れを図解していきます。

まずはこのように、アラートに登録してある商品が出品されると、通知がきます。背景は新婚旅行で行ったスペインのサグラダファミリアなのでお気になさらず。

その通知を開いてみると、フリマアラートの中に入ることができます。

今回、通知がきたのは一番上の19,800円の商品です。この商品はAmazonで30,000~33,000で売れていく商品なので、このまま買ってしまいましょう。

これだけで、仕入れが完了します。

基本の流れとしては、–①登録したキーワードのアラートが鳴る–②商品を確認する–③商品を購入する–といった感じです。慣れないうちはAmazon調べるということも挟みますが、リピート商品であればそれは必要ありません。

およそ10秒といったところでしょうか。笑

10秒で1万円を稼げた商品

実際に上記の画像で使ったものは、Amazonで30000円~34000円で売れている商品です。商品名は『シャネル サブリマージュ ラ ブリューム』です。

先ほどのアラート仕入れ商品はこちら↓↓

Amazonページはこちら↓↓

画像は違うのですが、商品は一緒です。メルカリでは外身が、Amazonでは中身が表示されていますね。

※『シャネル サブリマージュ ラ ブリューム』の参考画像↓↓

現在価格の34,000円で販売するのであれば、利益が1万円以上取れますね。これだけ高値にも関わらず利益率も30%ほどなので、いうコト無し!今夜は飲みに行ってヨシ!ということになりますね。

メルカリせどりにスマホアプリの「フリマアラート」を使うことで、10秒で1万円を稼ぐことに成功しました。会社員の頃、必死になって数年働いて昇給が5,000円だったことを考えると少しだけゾッとします。さほど難しくない流れなので、参考になれば嬉しいです。

メルカリを使ってさらに安く仕入れる方法もまとめたので、そちらも把握しておくといいかもしれません。

参考:メルカリリサーチで確実に5%以上安く仕入れる方法

メルカリ仕入れにスマホアプリを使う理由

大前提として、メルカリからの仕入れにスマホアプリを使う理由には以下のようなものがあります。

スマホ1台あればせどりができる

「スマホ完結」って憧れますよね。

メルカリで仕入れた商品を仮にAmazonで販売する場合は、Amazonの倉庫に納品をする必要があります。僕の場合はそれを個人の外注さんにお願いしているので、スマホ完結が可能になっているような状態です。

メルカリで商品を買う→外注さんの自宅に届く→Amazonに納品・販売

スマホプリから商品を買うだけなので、まさにスマホ1台でメルカリせどりが完結している状態で、せかせかと動き回る時間はほぼありません。

スマホに特化しているメルカリだからこそ、フリマアプリを有効に使って「時間持ち」になっていきましょう。

圧倒的時間短縮術

元々はメルカリ仕入れを副業の状態で始めたので、やはりどうしても、時間の制限はあります。家に帰ってパソコンを開いてからないと仕入れができないのではなく、日常のスキマ時間で作業ができれば有効ですよね。結果としてそれが圧倒的な時間短縮につながってきますので。

例えば本業のランチタイムや通勤時の電車待ちの時間。外回り中に休憩しようと思って入ったカフェや一服中のひととき。それらを有効に使うには、いかにスマホを駆使するかにかかっていて、それが結果として時間を創ることになると思って大丈夫です。

スマホアプリで資産が創れる

メルカリせどりに使うスマホアプリの中に、売れる商品のキーワードを貯めていくことができます。対象の商品が出品されたときに買うだけなので、時短になるのはモチロン、利益の取れる商品データが貯まっていくことにもなりますよね。

キーワードが増えていけば、スマホアプリから通知があれば仕入れるという流れができるので、それがお金を生み出すことになります。資産家と呼ばれる生き方ってすごく名誉で、特権階級の方だけの遊びかなとも思っていましたが、僕たちのスマホアプリの中にも資産があるといえるでしょう。

アプリに使うキーワード取得術

キーワードを表す積み木

フリマアラートに登録するキーワードも随時貯めていきましょう。ゆくゆくはスマホ完結せどりを構築するために、以下の方法でキーワードは取ってみてください。

ヤフオクから

ヤフオクはキーワードが無くても市場の需要が分かったり、商品知識がつく場所です。

カテゴリから入って「入札の多い順」に並び替えるだけで、今、人気のある商品が分かります。そこから商品名やメーカー名といったキーワードを取ってきて、メルカリでリサーチしてみましょう。

すると、過去にメルカリでも販売されていたり今も販売中の商品が見つかります。それをAmazonの価格差と見極めて、フリマアラートへ登録していってみてください。

参考:ヤフオクリサーチで時短を可能にする3つのポイント

ライバルから

ライバルとは多義を指しますがここでは、Amazon上で同じような商品を販売しているようなセラーや、メルカリで同じような商品を探しているセラーのこととします。

Amazon上のライバルセラーは商品が丸わかりですので、それを単にメルカリで検索してみて過去に売れていればキーワードとして登録。メルカリでは商品に対して「お安くなりませんか?」とコメントをしているセラーを追っていきます。

このような方の評価部分から「出品者からもらった評価」に入り、その先の出品者の方を覗くと、過去にどのような商品を購入したのかが分かります。同じようにメルカリせどりをしている可能性が高いので、売れる商品が見つかっていきますね。

派生から

リサーチの基本は「派生」なのですが、派生も大きく分けると2種類あります。

『出品者派生』…利益の取れる商品を出品者は他にも同じ相場観で出品している可能性が高く、仕入れ対象となる商品を持っている可能性が高い。

『商品名派生』…利益の取れる商品を見つけたら、再度その商品名で絞ってリサーチしてみる。仕入れる金額は把握している状態なので、同じように見つかった商品は全て知れ対象となる。

これら派生を組み合わせていくと、「人←→モノ」を行き来することになるので、無限に商品が見つかっていくのです。キーワードもたくさんストックしていきましょう。

 

メルカリせどりの仕入れは10秒でイイ

「メルカリせどりの仕入れは10秒あればイイ」

…というのは何とも極端ですが、うまくスマホアプリを使っていくことでそれも可能になることをお伝えしました。

時間がなくて仕入れに少し苦戦している、圧倒的に短縮した技を持っておきたい、10秒で1万円稼いでみたい、そんな方は是非参考にしてみてください。

例えば副業で取り組むのであれば、時間的な余裕も持ちつつ取り組むのが理想だと思うので、お役に立てれば嬉しいです。副業転売にオススメの自動化の秘訣についてもまとめた記事があるので、よろしければご覧になってみてくださいね。

参考:副業転売にオススメの時間持ちになる方法|自動化でお金が生まれる正しい仕組み

【Choose your life】自分のビジネスを持って人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓