Yuya Takamura official blog
Beginning a new life
人生が変わった瞬間

会社の将来が不安な人は正常|今から安心に目を向けよう

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓



会社の将来が不安な人は多いと思うのですが、「もし会社がなくなったら自分は何をするのだろうか」と考えたことはありませんか?

実際のところ何をしていいかが分からないから不安になるし、これだけ大企業がリストラをする今の時代、どうなるか全く分かりませんよね。

僕も会社の将来に不安を覚えてから色々と動き出しました。そのせいか今ではわりと心は平穏ですが、前提として「会社の将来が不安だと感じるのは普通」だと言わせてください。その理由をこの記事では書いていきます。

少なくとも会社の将来が不安という感覚は、真剣に未来を考えている証拠だとも言えるので…!

会社の将来が不安なのは普通です

「会社の将来に不安を感じています」という人は少なくないでしょう。ただ大前提、その感覚は普通だし正常だと思います。

というのも、これだけ大企業もメガバンクもリストラを展開している今の時代に、会社の将来が不安じゃない人って逆にどうなの?ということも言えます。史上最高に副業熱が高まっているのは、明らかに会社の将来を不安視している人が増えたからです。

不安になるのっておかしいことなのかな?と感じる必要は全くありません。

上司にしたってツライ立場で、部下に向かって「この会社の将来はヤバいからな」とは言えないですし、同僚ともなかなか話題にできないものですよね…!

少なくとも「会社の将来が不安だ」と感じるアナタの感性は正常だということは言わせてください。

会社の将来が不安な理由

悩み事があるチェックのシャツを着た男性

給料が増えない時代だから

会社の将来が不安な理由のひとつに、給料が増えない時代だというのが挙げられます。一昔前のように、会社に勤めているだけで右肩上がりに給料が増えていく時代じゃないですよね。

株主に分配する配当が増えすぎて賃金に回せないとか、日本の制度だと解雇が難しいから給料を上げづらいなどの要因もあるようです。

実際に近しい知人も、10年先に入社した上司とほとんど給料が変わらないことを知り、ゾッとしたと言っていました。僕が勤めていた会社も、明らかに自分より要職に就く上司の生活が余裕があるようには見えなかったと記憶しています。

「いつかは給料が上がるだろう」という希望が最初から無いから、将来が不安になるのも分かりますよね…!

参考:給料が上がらない時代の切り開き方

終身雇用制度の崩壊

トヨタ自動車の社長が「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」と発言をしていましたよね。

めちゃめちゃ言葉を選んでの会見ですが、要は「もう終身雇用は終わるよー!」ってことでしょう。

僕が大学生の頃はまだ、イイ会社に入って将来を安定させようみたいな風潮がありました。それは「長く雇われて給料も年齢にそって上がっていくから」が前提だったように思います。

大企業やメガバンクの大規模なリストラにくわえ、終身雇用制度という前提が崩壊。これで会社の将来が不安にならない人の方が少ないでしょう。。

上司に憧れない

これは僕が20代の頃、がむしゃらに仕事をしていた時のことです。上司にもよくしてもらっていたし、よく飲みに連れていってもらいました。

ただ、憧れるかというとそうでもなかったんです。あまり楽しそうではなかったし、酔っぱらうと愚痴もハンパじゃなかった(笑)緑茶ハイを片手に会社の闇についてさんざん聞かされたあの頃が懐かしいです。

だからなのか、この人みたいになりたい!とはあまり思えませんでした。収入的にもあまり変わらなかったし、自分より少し先の人に憧れないと会社の将来に対して不安を覚えます。

「自分もこうなってしまうのかなあ」みたいな。

実際に20代の頃にがむしゃらに仕事をしてみると見えることもあるので、よければその経験を記事にしたコチラも参考にしてみてください。

参考:20代で仕事にがむしゃらになれる人は雇われなくても生きていける

会社の将来が不安だった僕が安心できた流れ

ピースサインをカメラに向ける男性

会社の将来が不安であることは普通の感覚です。アナタと同じように不安に感じるから動き出せた僕が、未来で安心を手に入れた流れもお伝えしていきます。

転職もひとつの選択肢

会社の将来が不安なら、転職することも一つの選択肢になりますよね。実際に働く場所を変えたことで、人間環境もうまくいって仕事の成果につながるケースは多いと聞きます。不安を抱えたままでは思いっ切り仕事できないので、転職するのも大いにアリだと思います。

ただ僕は「転職じゃないと思うんだよな~」と考えていました。

というのも、会社に属す以上は会社の将来って気になるから、不安はなくならないよね?と感じていたのです。

その結果として転職はせず、独立という選択をして今があります。転職も独立も、その両方が選択肢になることはお伝えさせてください。

参考:20代後半の転職は厳しいと悟った僕が年収1000万円を超えた理由

会社以外で収入を生むスキルを身につけた

それまでは会社からお給料をもらうという生き方しか知りませんでした。ゆえに会社の業績が悪くなったり、ボーナスがカットになるととてつもない不安に襲われるんですよね…!

それはある意味、会社からのお給料に依存しているとも言えるかもしれません。

不安を取り除く方法はたった1つで、会社のお給料以外でも収入を手にすることです。できればそれが、時給ではなく成果に対して収入が増えるものが望ましいと思います。

僕の場合は副業で在宅の転売ビジネスを始めました。初心者でも成果が出やすいということと、シンプルなビジネスモデルなので簡単そうだな~という理由だけで。

実際に仕入れた商品が2日で売れていき、給料以外で口座残高が増える感動ってとてつもないので、味わうだけで不安は和らぐと思います。

参考:在宅の副業に転売をおススメする5つの理由

自分のチカラで稼げる喜びを知った

副業で転売ビジネスを始めたこともそうですが、何よりも「自分のチカラでお金って稼げるんだ!」という気づきが大きな意味を持ちました。

会社の月給で毎月5万円を増やすってなかなか難しいじゃないですか。というか、ほぼ無理ですよね。

でも、自分でビジネスをすると割と簡単なんです…!現に僕も、完全初心者からのスタートでしたが数万円をいきなり稼ぐことができました。

会社の将来が不安になることは正常で、その多くの理由は経済的な部分に起因します。僕たちは可能性の塊なので、自分のチカラで収入を増やせることも知っておいてくださいね。

参考:ネットで月5万円のハズが気付けば起業して人生を変えた方法

会社の将来が不安だから動き出せる

何度もしつこかったらごめんなさい。でも、会社の将来が不安なのは普通のことなんです。

少なくとも上司とはなかなかそういう話はできないし、同僚とも「会社の将来が不安でさ」なんてあまり話せませんよね。大丈夫か?と思われるのがオチです。

ただ、会社の将来に不安を感じるから動き出せる側面もあります。会社の将来に不安を感じるのは別に普通のことだから、「じゃあ、どうしようか?」を前向きに考えてみてくださいね。

逆に言えば不安に感じる人だけが動き出せるので、一つの考え方として参考になれば!

実際に副業をスタートさせて成果を出すまでの流れをまとめた記事もあるので、よければ覗いてみてください。

参考:転売初心者が5万円を稼ぐまでの裏側をこっそり教えます

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓