Yuya Takamura official blog
Beginning a new life
人生が変わった瞬間

5万円あればできることを実際にやってみたらお金の法則に気付いた。

「5万円でも増えればなあ…」

会社員をしていたころは毎月のようにそう思っていました。月に5万円も収入が増えたらどれほどいいか、毎日、空から「お金が降ってこないかな~」と考えていたほどです。

自分でビジネスを始めてからはいつでも手に入る金額ですが、実際に5万円があれば何ができるのか?具体的な使い道を明確にしておいた方が手に入る気もするので、実際に自分が体験した5万円分の経験をお伝えさせてください。

5万円でできることはもちろんそうですが、それをした結果どうなったのか?などなど、リアルな感想もふまえて書いていこうと思います。5万円払うということを、ただの思い出作りやモノを手に入れるだけで終わらせたくはないというモッタイナイ精神丸出しです。笑

5万円のステンカラーコートを買ってみて気付くコト

セールスの極意?ストーリーが値段を超えてくる

イイ感じのセレクトショップってお値段がけっこう張るので、これまで買い物をしたことはありませんでした。むしろ入りづらくてしょうがなかった。苦笑

それでも「大人の男になるには一着くらい必要だ」というほとんどの男性が感じることは僕も頭の中にあったので、結果として高価な今年の流行りだとされるコートを買ってみました。

気が付けばBGMに合わせてレイドバックしながらヘッドバンギングをしてそうな、
丸メガネに口ひげを生やしたノリがいい店員さんのつかず離れず接客にも好感が持てたのは理由があります。

彼がちゃんと「5万円の理由を伝えてくれたから」です。

・数十万するオーダーメイドスーツを作っている問屋さんの商品

・その問屋さんが挑戦の意味も込めて初めてセレクトショップにおろした今年のコート

・普通に考えて20万くらいで販売されていてもおかしくない

これだけのストーリーを聞かされるといてもたってもいられなくなって、「お得」であることと「挑戦している場所にお金を使いたい」が決め手となって僕は生まれて初めて自分のコートに5万円を払いました。ハナシを聞かされたらそんなに高く感じなかったんですよね。

「価値に気付ける自分ってカッコイイ…」そんな風に少し酔っていた可能性もありますが、ストーリーに心が動くというセールスの真髄をみた気がして、ビジネスマンとしてこの経験を大切にしていこうと思えました。

単に5万円を払って商品を手に入れるってことだけじゃなくて、相応の価値のあるものは多くのことを考えさせられるきっかけをくれるんだと分かりましたね。

5万円かけて銀座のお鮨を食べて気付くコト

本物を知ると偽物が分かる

値段で言えばピンキリで上も下もかなり広くありますが、やっぱり5万円を払ってお鮨を食べる経験って人生で一度はしておきたいと思っていました。ただただ、食い意地が張っているという可能性もいなめませんが。笑

今回、伺ったのは銀座にある『鮨竹』さん。ここはなんと女性の方が大将をつとめており、通なら誰でも知っている新橋の名店「しみづ」から独立されたんだとか。自分自身も独立した身としては、女大将に自分を重ねて応援したくなったという気持ちがあったのもウソではありません。

いざ店内に入るととても清潔で、少しだけ緊張してしまいました、それと同時に女性が丸坊主で鮨を握っている姿に「粋」を感じたのです。お弟子さんもとてもきさくで、お酒を頼みやすかったのも記憶しています。

気遣いと言えばいいのかサービスと言えばいいのか分かりませんが、こちらの飲み物がなくなるのを見計らって次を聞かれるタイミングは本当に抜群だったし、出てくるネタの順番も「今まさにこれを食べたい」「口の中がこれを欲している」それを全て見透かされたような感覚でした。

口の中に入れると『これだけで5万円でもいいんじゃないか?』と錯覚させるような美味すぎるネタの連続。ふっくらあたたかい味の染みたアナゴは絶品中の絶品で、勝手に「幸せアナゴ」と命名させてもらいました。

一流を知れば二流が分かる。本物を見れば偽物に気付く。 

そんな感覚を味わった夜だったのは間違いありません。僕は外に食事に行くことが好きなので、たまには「失敗したなー」ってことがあります。これからもオイシイご飯屋さんを見分けることができるようになったことを考えると、5万円にどれだけの価値があったのかとお得感に包まれました。

5万円でディズニーランドを満喫して気付いたコト

もう、お泊りじゃないと行けないかもしれない

一人5万円があれば、宿泊付きでディズニーランドに遊びに行くことができます。

僕は東北の生まれなので、小さいころは両親が早朝から運転して連れて行ってくれたことを記憶しています。兄弟も4人いるので、小さい子供を連れてのディズニーランドはとても大変だったことでしょう。そうまでしてたくさんの感動に触れさせてくれた親のありがたみに感謝したのはもちろんですが、「遊び尽くすには宿泊は必須だな」と感じたのも疑いようがありません。5万円あればそれが可能なんですよね。

また、そこでも感じたのがディズニーのプロフェッショナルぶり。これは普通に遊びに行っても感じられますが、宿泊先のホテルに到着して如実に感じました。

パークが閉園になるまで遊び尽くした僕たちは夜の22時ごろ、ディズニーアンバサダーホテルに到着したのです。他にも家族連れやカップルなどの数組がチェックイン中で、僕たちもその列に並びます。そこで驚くべき提案を受けるのです。

時間的にも遅く平日のことだったのですが、なんとスイートルームへのグレードアップを提案されました。当然、無料で。普通に宿泊しても一人15万~はかかるお部屋に無料で泊まることができたのです。部屋が空いている以上は次のリピートの為にこういった提案をすることがあるとは知っていましたが、まさか自分がそうなるとは。

とてつもない幸せを感じて、次にディズニーに遊びに来るときもきっとこのアンバサダーホテルをリピートするでしょう。まんまと策略にのっかったカタチですが、そんなことはどうでもいいくらいに嬉しいサプライズを貰うことができました。

「自分が払った以上の価値を提供してくれる」 

これが長らくディズニーを勝たせ続けている理由で、多くの人の愛されるゆえんだと思いました。自分もビジネスをしている人間としてとてつもない学びを実感させてもらった感じです。

5万円のビジネスセミナーに参加して気付いたコト

払うと決意できる人だけが成果を出していく

かつてイタリアサッカーをけん引し、今でも日本のファンも多いロベルト・バッジオという元プロサッカー選手がいます。そのバッジオが残した名言は多いですが、中でも特に印象的なのは『PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持った者だけだ。』という一文。

まさに「ご、5万円のセミナーなんてどういうこと?!」そうおびえていた自分を後押ししてくれた言葉でもありました。払うと決意できる人だけが成果を出していくというものです。

自分の話になって恐縮ですが、今は自分のビジネスを持って独立し、自分の送りたかった人生を送ることができるようになりました。会社に依存してお給料を貰うだけでは家族をずっと守っていけないと感じたし、やりたいことは増えていくのに収入を気にして動き出せないって本当にもったいないと思ったんです。

結論から言うと、この5万円のセミナーへの参加が何十倍にもなって返ってきました。ここで教わったことが今の自分のビジネスの元になっていて、月収100万円をまもなく2年ほど続けることになると思うとバッジオの言う通りだったなと。

勇気を持って決断して進むことができれば人生は前向きになっていく 

5万円を支払って得たのはノウハウや考え方や人脈だけじゃなくて、勇気を持って決断して進むことができれば人生は前向きになっていくという実感でした。

「自分なんてまだ早い・・・」「いつかお金が貯まったら」そう考える人ととも確実に差がついていくし、数年後に全く何も変わらず『自分にはまだ早い』と言って年を取っている確率はかなり高いです。今動き出せないと大変なことにもなるってことを、たった5万円で感じれたことはこれからの人生に明らかなプラスです。

5万円のプレゼントを買って気付いたコト

純粋に、お金があればできるコトが増えるという真理

実はこれも恥ずかしいハナシですが、家族の誕生日にプレゼントを贈るとか、大切な友人にお礼のギフトを渡すとかって、これまでやってこなかったんです。正確に言えば、やろうとしてもできる自分では無かったので。

まずは自分の生活が第一で、言葉を選ばず言えば「プレゼントを渡すお金なんてない!」というのが本音でした。それと同時に「また今回も何もしてあげられなかったな…」なんて感情も積もっていくし、自分が満たされていないと他人を考える余裕なんかもなくて、心も荒んでいきますよね。

自分でビジネスをするようになって、いつでも「大切な人の特別な一日に何かできる」ようになった理由は、きれいごとじゃなくてお金に余裕を持てたからです。

やっぱり純粋に『ありがとう』と言われることは嬉しいし、喜びも楽しみも幸せも、誰かと分かち合った方が気持ちいいんですよね。5万円にこだわることはなく金額よりも気持ちが大切だとは思いますが、ひとつの例として。

経済的余裕があれば誰かにしてあげられることが増える

完全に余談ですが「喜」「楽」「幸」という漢字には共通点があって、それがなんだか分かりますでしょうか?

正解は【左右対称】ってこと。一人じゃなくて二人で分けられるものなんだとか。

まとめ

お金がお金を生む法則は存在する

5万円でできることは他にもあると思いますが、全て自分がやってみたこととして書かせてもらいました。金額の大きさは大事でないシーンもありますが、5万円があればできることって本当に多いなと感じたのが正直な気持ちです。

特に自己投資の部分では確実に「お金がお金を生む法則」があると感じたし、それはこれからもそうだと思います。

「空から5万円が降ってきたらいいな~」と脳みそがお花畑だった頃の自分にはなんと声を掛ければいいか分かりませんが、現実的に自分の手で5万円の収入を増やすということは誰でも実現が可能です。そんな時代に活きる僕たちだからこそ、動き出していきたいですね!

リターンの方が大きい「お金を使うという行為」

5万円でできることを実際にやってみて感じたのは、総じて【リターン】の方が多いということ。「5万円?そんなお金無いよ!」と感じていたころの自分よりも、「5万円を使ってみて得ることの方が多い」と言える今の自分の方が色んな意味で裕福な気がします。

それは「給料が増えたらいいな~」「節約しなきゃ!」という受動的な姿勢ではなく、『自分でお金を稼げばできることが増える!』という能動的な姿勢から生まれたものだと思います。

お金持ちがどんどんお金持ちになっていくのはお金の使い方を知っているから

そんなことを感じました。

5万円でできることを増やして、人生を豊かにしていくためにも、まずは稼げる自分になるという一歩目を踏み出すなら早いうちにですね!

それでは!

 

14時間拘束25日出勤⇒5日稼働で月収300万円

僕は今、毎月たった5日の稼働で月収100万円以上を手にし、毎日なにをするか、誰と過ごすかを選べる生き方ができています。

ボロボロな状態ではなく、余裕を持って年収1000万円以上を手に入れることができるようになりました。

「お金を稼ぐためには働く時間を増やすしかない」ような古い常識とも決別できたのは、物販ビジネスを正しい方向で実践したから。副業開始から3か月で会社員の給料を超えられた理由も、たったそれだけの話だったりします。

ネットビジネスに就職するような働き方ではなく、小さな労力でしっかりと収入を上げていくことで人生の幸福度は一気に高まりますので…!

同じように考えるアナタにとって少しでも参考になれば嬉しいので、
よかったらぜひ、プロフィールもご覧になってみてくださいね!

Takamura’s PROFILE

【Choose your life】自分のビジネスを持って人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓