Yuya Takamura official blog
Beginning a new life
情報発信

将来に残る仕事は誰にも分からない|だからこそやるべき3つのこと

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓



AIの登場や急激な時代の変化によって、自分の仕事は将来残るのだろうか?を気にする人は多いですよね。将来を見据えて、残る仕事に今のうちからついておこう!と考えることもごく自然な流れだと思います。

僕もそう感じていて、「将来残る仕事に今からついておこう」と考えている時期がありましたが、今では全く気にしなくなりました。

周りのビジネス仲間を見ても、ほぼ誰ひとり気にしていないと思います。むしろ自分の仕事が残らなかったからといって、それがどうした?くらいの感覚です。

なのでこの記事では、将来に残る仕事を気にする必要などない理由と、それよりも大切な今からやるべきことをお伝えしていきますね!

将来に残る仕事を知っても意味はない

将来に残る仕事かどうかを気にする気持ちはすごく分かります。収入がなくなったらどうしよう?と考えるので、一応、残る仕事だと言われている業種もお伝えしますね。

商品を売る、紹介、提案する仕事
YouTuberなど自分のコンテンツを創る仕事
コンサルタントなど特別なスキルが必要な仕事

実際に残る仕事を見てみても、「自分はちょっと違うな」と感じた人もいたと思います。むしろ「へえ~」くらいの感想しか抱けなかった僕はもうちょっと興味を持った方がいいのかもしれません。笑

ただ、大事なのは残る仕事を知ってどうするかなので、将来に残る仕事かどうかをただ知るだけではあまり意味はないってことなんですよね。

それを知っただけでは自分の収入に変動が起こる可能性をどうにもできないので、将来に残る仕事かどうかをあまり気にする必要はないと考えています。

将来に残る仕事じゃなくても問題ない

また、前提として、将来に残る仕事なんてぶっちゃけ誰にも分からないってのが真理ではなないでしょうか。理由としては、

AIがどこまで進歩するか分からない
未来に絶対なんてない
自分で仕事は生み出せる 

ということが挙げられます。著名な経営学者やインフルエンサーがそれぞれ好きに意見を述べているだけであって、誰にも正解は分からないのが現状だと思います。

それこそ未来予測が完璧にできたら、それはもう神です。GODです。ノストラダムスだって盛大に未来予測をハズしていたことを考えると、誰にも分からないことが証明されていますよね…!

なので仮に今、「残らないとされる仕事」に従事していてもそれ自体はどうでもいいことだと認識してください。仮に残らない仕事だったとしても、大事なのは「それを知ってどう動くか」でしかありません。

将来に残る仕事を気にするよりも大切な3つのこと

3つの白い植木鉢がスマホとノートの前に並ぶ

将来に残る仕事かどうかを知っただけでは意味がなくて、大事なのは未来を見据えて今から何をするか?だと思います。現に、お付き合いのある周りの起業家たちは誰ひとり将来に残る仕事を気にしていません。

僕も完全にそう考えているので、将来に残る仕事を気にするよりも大切な3つのことをお伝えしますね!

残る仕事だからといって安心はできないと認識する

ズバリ、自分の認識を変えましょう!

「え?AIの進歩で自分の仕事は将来なくなるんですか?」という不安から、残る仕事を探している人がほとんどですよね。でも例え残る仕事とはいえ、絶対なんて存在しないじゃないですか。

絶対に残る仕事なんてない

歴史を見ても分かりますが、おそらく20年前のトヨタ自動車は「絶対的」だったと思います。トヨタに勤めておけば一生安泰だー!と多くの人が思っていたでしょう。

でも、今はどうなっていますか?あのトヨタ自動車が「みなさん副業してください。いつ給料が払えなくなってもいいように」と発表しています。

つまり未来に絶対なんて存在しないから、「あ、自分の仕事は将来残るのか。一安心だな」だとマズイということです。なのでまずは自分の認識を変えておくことで、柔軟に対応できるようにしておきましょう!

副業をスタートして収入源を増やしておく

副業をスタートさせて収入源を増やしておくことも大切だと思います。

将来に残る仕事かどうかを気にするのは間違いなく、収入が減って生活が立ち行かなくなることが心配だからですよね。でも今から「個人でも稼ぐことができるスキル」をつけていけば、そのリスクは最小にすることができます。

実際に僕も「このままの収入で将来が不安だ」と感じて、副業をスタートさせました。仕事以外で収入があることは確実に精神安定剤ですし、スキルがついていくので選択肢を増やすことができます。

近しいメンバーを見ても、将来に残る仕事かどうかをあまり気にしていないのは、「自分の力で収入を増やせる」という感覚を副業の経験を通して身につけたからでしょう。

数ヶ月でお給料以上を手にした経験も記事にしているので、よければ参考にしてみてください。

参考:ネット副業で月収50万円をたった4カ月で突破した方法とその裏側

自分にしかできない発信をする

残る仕事の条件として、商品を売ること・コンテンツを創ること・自分にしかできないことが一般的には挙げられています。

実はそれを全て満たすのが「情報発信」というビジネスなんですよね。

例えばtwitterで自分の考えや持っている情報を発信し、フォロワーを集めて、自分の経験をnoteなどで販売して収益を上げていくような流れです。あるいはメールマガジンやブログを通じて自分の経験を発信し、ファンになってくれた方が自社商品を購入してくれたりします。

僕もコンサルタントとしても活動をしているので、このブログを通じてお仕事の依頼をいただくこともあります。素敵な出会いになるのは間違いないですし、お互いにビジネスを通じて成長していけることも本当に最高なんですよね。

自分の経験は誰かの役に立つので、自分にしかできない発信をすることも視野にいれてみてください。

将来の仕事より今の自分に注目しよう

「将来に残る仕事は誰にも分からないし、それを知ったところでさほど意味も無いから、それよりも自分に注目してスキルアップしていきましょう!」

この記事でお伝えしたかったことをまとめると↑こうなります。

誰にも分からない未来に対して不安になるよりも、今の自分に注目してスキルアップしていくことの方がどう考えても意味があるというか…!残る仕事かどうかを探している時間があるなら、副業をスタートして少しでも収入を増やした方がいいですよね。

もっと言うと仕事は創れるので、できることを増やして自分の価値を高めていくことが、結局は残る仕事(自分)になっていくのだと思います。

ひとつの考え方として、参考になれば嬉しいです!

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓