Yuya Takamura official blog
Beginning a new life
副業・サイドビジネス

副業で成功した体験談|〇〇〇を見つけたら結果が出た。

これからますます副業熱は高まっていくことは確実です。実践される人も増えていくでしょう。同時に、副業を始めようと思ったはいいが全然うまくいかないなんて人も出てくるハズです。

これまでコンサルをさせてもらった人が副業開始数ヶ月で脱サラしたり、僕自身も副業を始めて3か月が過ぎた頃には本業以上の収入を得て脱サラを決めました。

今も同じビジネスが収入の主な柱となっているので、一応、副業で成功した部類には入るかなと思います。これまでの経験を体験談をふまえて書かせていただきますので、参考になれば嬉しいです。

副業で成功する人は最適解を見つけている。

最適解を理解できれば成功できる

参考までに僕が副業を始めた当初は、正直なところあまりうまくはいっていませんでした。それまで誰かに雇われてお金をもらうという生き方しかしてこなかった自分にとって、個人のチカラでゼロから収入を得ることは未知の世界だったのです。

副業を始める時って、「何をするか」ももちろん大切ですよね。オススメの副業をGoogleに聞いたことがあるのは僕だけではないハズです。

ただそれ以上に、副業で成功する人と成功できない人を分けるものは「最適解」です。なにかを得るには何かを捨ててとも言い換えることができますが、うまく間を取ったイイ塩梅の最適解を見つけている人は、すべからく成功していきます。

ラーメンのために脂肪を受け入れる人は稼げる

ここでいう最適解とは、考え方です。例えば友人と飲みにでかけた帰りに、シメで食べるラーメンって最高に美味しいですよね。でも僕はいつもあの時、「ああ、太っちゃうかも…」と想像して、一度は脂肪がつくことを受け入れたうえでラーメンを食べます。

副業で成功する人も同様に、一度は嫌な部分を受け入れています。

これまでぼーっとテレビでバラエティを見ていた時間、仕事終わりの飲み会、睡眠時間を少し削って取り組むこと、友人との予定、家族行事などなど。これまでなら余暇に充てていた時間を副業に使うワケなので、自由になるための不自由を一度は受け入れるんですよね。

全てを手に入れるのはもう少し先

それが分かっていないとおそらく何に取り組んでも成果を出すのは難しいか、恐ろしく時間がかかると思います。今の生活リズムや習慣を変える必要があるので、その中でうまい具合に自分の活動ペースである「最適解」を見つけることが、副業で成果を出す一歩目と言えるでしょう。

副業を始めてうまくいかない人の特徴は、この「最適解」が見つかっていないことです。

これまで通りに会社から帰ってソファーでくつろいで、晩酌をしてボーっとテレビを観て気付けば寝る時間になっている。休日もいつも通りに昼まで眠ってYOUTUBEを見てダラダラしてしまう。副業はいつやるの?と問いかけたくなる状態だったころは、僕も全く結果を出すことができませんでした。

副業の成功をジャマするのは自分の思考

実際に自分も副業から始めた転売ビジネスで脱サラして2年が経とうとしています。コンサルというカタチで指導させてもらって脱サラした人もいます。その経験も踏まえ、副業で成功できない人の特徴も簡単に羅列させてください。

「ラクに」「自動で」の思考停止型

多くの副業が世の中には存在しますが、その中でもネットビジネスはかなり注目を浴びていますよね。かくいう僕もインターネットを使った転売ビジネスで7ケタの月収を2年近く続けています。

ネットビジネスの中には「誰でもラクに」「ツールを動かすだけで」「自動で口座残高が増えていきます」みたいな文言のキャンペーンも多いです。

あくまで僕のイメージですが、それに希望を持たせてしまう人はまず成功しません。これまでの自分の生活を何一つ変えずに理想を手に入れるのはさすがに厳しいですよね。『何かを得るには何かを捨てて』の精神で、最適解を見つけて行動しないとずっとさまようことになります。

「このツールを買うだけで」の依存型

ドラクエを進めていくうえでも、防具を買っただけでは強くなりません。攻撃に使う武器を増やしたところで、装備をしなければ意味はないですよね。それと一緒で、副業に使うツールであったり教材を買っただけで満足してしまう人も一定数、いらっしゃいます。

端的言えば、ツールを買うだけで全てが変わると思っています。自分の生活習慣、睡眠時間、飲み会に出る回数、テレビゲームをやる時間、マンガを読む時間、それらを何も変えずに成果が出ると考えてしまうのです。

買ったはいいがツールの設定が複雑すぎて挫折している人、実はごまんといるんだとか。

「副業はラク」と考える無知型

本業と副業という言い方もあるのかもしれませんが、副業はラクに稼ぎたいと思っている方もいらっしゃいます。僕も当然そう思っていたし、その考えを否定するワケではないですが、少し言葉足らずなんですよね。「最初は睡眠時間を削って眠い日々が続いたとしても、半年後にはラクに稼げるようにしたい」こういう人の方が成功していくと感じます。

しかも『ラクに稼ぐ』って実はかなり高度なことで、それが難しいから雇用されてお給料を貰うことを選択している事実は忘れていけません。

副業で成功するための『最適解』とは

副業で成功するための最適解とはトレードオフとも言えますし、何かを得るには何かを捨てての精神だとも言えます。そういう考え方を持って取り組む人とそうでない人とでは絶対に差が付きます。参考事例を挙げていくので、頭の片隅にでも入れておいていただけると嬉しいです。

有名パン店のアクセスの悪さ

ネット上でひそかに話題になっているパン屋さんがあります。車を持っていない僕としては、徒歩25分くらいをかけてそのパン屋さんに行くしかないんですが、そもそもなぜこんな場所につくったのだろうか?そんな疑問が出てきました。おせっかいのような気持ちなのかファンなのか「もっと駅の近くにあったらいいのに~」なんてレジ前で話すおばさんもいます。

ただ、『アクセスの悪いこの場所に安い家賃で物件を借りることができたからその分のコストはパンの味を探求することに使える』ってのが真理です。普通に駅前にあったならもしかして、味に対するコストを下げるしかなくて普通のどこにでもあるパン屋さんで終わっていたでしょう。まさに、何かを得るには何かを捨てての状態です。

高い利益率と中古品の手間

転売ビジネスに置き換えて考えてみると、高い利益率を得るかわりに手間がかかる中古品がイイ例ではないでしょうか。

利益率を上げればそのまま手元に残るお金も増えるので、中古品を扱うことはかなりイイ戦略なのです。が、多くの人はその手間を恐れて取り組まずに、薄利多売で疲弊して収益が続かなくなります。それも全ては最適解を求めないことで起きることだと思います。

「利益率は上げたいけど中古は扱いたくない」という自分の公方だけを押し通そうとするあまり、結果的に収益は尻すぼみです。

駅までの距離と家賃

これらがどちらとも「超希望通り!」ってことは少ないと思います。基本的には誰でも駅前に住みたいし、しかもなるべく安く住みたいのは間違いありません。それでも妥協して、BestではなくBetterを求めますよね。

副業をしていく上でも結果はBestを求めたいですが、常にベストコンディションで始められるとは限りません。完璧に時間も取れる状態で完璧に集中できる環境にいてってことは少ないからこそ、Betterな状態で走り出すことが大切です。

結論:副業で成功するなら最適解を知ろう

当たり前ですが、副業で本業以上に稼ごうと思ったら本業以上にリソースを割く必要があると思ってもらってかまいかせん。一日の時間の使い方も見直す必要があると思います。

これまでドラマに夢中になっていた時間もきっと副業に充てる必要がでてきます。トレードオフのように、イイ側面とあまりよくない側面は常に対になっているからです。値段を安くしたいけれど味は落としたくないとか、家賃は抑えたいけど駅前に住みたいとかいう感情と同じように、ラクはしたいけれど副業で稼ぎたいという気持ちのうちは、きっと成果が出ません。

副業で成功したいのなら、睡眠時間も削る・無駄な残業はしない・家族との時間よりも副業を優先することが、最初のうちはマスト。

ただそれも最初だけで、のちにしっかりと時間もお金も余裕が出ることは間違いありません。だから恐れずに、甘い謳い文句に逃げずに、今の最適解を見つけて取り組んでいってみてください。きっと、成功までの道が開けるハズです。

【Choose your life】自分のビジネスを持って人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓