仕組み化ノウハウ

物販ビジネスを自動化する方法|実働7日で月100万円を稼ぐ仕組みの作り方



物販ビジネスの魅力のひとつに「自動化」が挙げられますよね。

シンプルな作業が多いことやプラットフォームの成熟により、自分が動かずとも収入が生まれる状態を構築しやすいんです。

実際に僕自身もビジネスど素人から物販ビジネスをスタートさせ、なるべく自動化しようと進めてきたせいか、月に1週間も稼働すれば毎月500万円くらいの売上が安定するようになりました。

今では会社を設立して他の事業も手掛けていますが、それは「物販ビジネスを自動化して生まれた時間やお金があったおかげ」です。

この記事ではこれまでの経験をもとに、初心者でも取り組みやすい物販ビジネスをどのようにして自動化させていくのか?を全力でお伝えしていきますね!

物販ビジネスの「自動化」ってなに?

デスクに座り頭の後ろで腕を組む男性

まずは物販ビジネスの自動化ってなに?という前提を共有させてください。

これはズバリ「自分が動かなくとも収入が発生する仕組みを構築すること」です。

例えば経営者がゴルフ中でも収入があるのは『自分の会社という仕組み』があるからですし、有名Youtuberが寝ている間も報酬が発生するのは『Youtubeという仕組み』が稼働しているからですよね。

さすがに会社をつくるとかYoutube並みのプラットフォームをつくるのはハードルが高いですが、物販ビジネスの仕組み構築はそこまでむずかしくありません。

現に、物販の主な作業は以下のとおりですが、

・仕入れ
・販売
・梱包
・発送
・利益計算

これらは全て自分じゃなくてもできる作業」なんですよね。

Amazonや楽天、ヤフーショッピングにBASEなど、販売は各プラットフォームを利用すればいいですし、それ以外の作業もとてもシンプルなので委託しやすいです。

言い換えると「誰かや何かにやってもらう」が可能で、自分が動かなくとも収入を生む仕組みを構築できるんですよね!

「完っっ璧な不労所得だ!」

というわけにはいきませんが、いつの間にか売上が上がっていたり、初心者のコンサルメンバーが副業で日給10万円達成するなど、物販ビジネスならではの自動化のうまみがたくさんあります。

なのでまず、物販ビジネスの自動化とは「自分が稼働しない時間にも売り上げができて収入も生まれている状態」だと知っていただけたら!

参考:自動化物販で収益が生まれるくわしい仕組み

物販の自動化をおススメする理由

浜辺の小屋のベンチに座る男性

次に、物販ビジネスの自動化をおススメする理由をお伝えします。

前の章でも少し触れたとおり、物販ビジネス自体の作業はとてもシンプルです。そのため、必ずしも「自分がいないと回らない仕事」ではないんですよね!

会社員だった頃は「この職場はオレがいないと回らないな~」なんて若気の至り全開の時期もありましたけど、そもそも物販ビジネスは、

①複雑なビジネスモデルではない
②作業がシンプルで外注化しやすい

という特徴が備わっているんです。

なので、その機能性を考えても「自動化しやすいんだからしてしまおう」というのがおススメする理由です。

仮に『物販が大好きでずっと作業したくてたまらない!』というのであれば話は別ですが、僕の場合は「収入の天井も働く時間も場所も自分で決めたい」と思ってビジネスをはじめましたし、他にもチャレンジしてみたいことがたくさんあるんですよね!

それこそいつものように奥さんと旅行にいきたいですし、コミュニティメンバーとキャンプする時間も人生には必要じゃないですか…!

同じように想う人はきっと多いハズなので、物販ビジネスの恩恵をフルで受け取るためにも自動化を視野に入れていきましょう。

参考:副業のネット物販から受けた5つの恩恵

物販ビジネスを自動化する方法

カフェでPCを操作する男性

ではいよいよ、物販ビジネスを自動化する具体的な方法を見ていきますね。

「自分が稼働しない時間にも売り上げができて収入も生まれている状態」を構築するためにも、すべての作業を自分で行うのではなく、

1:外注さんに作業を委託する
2:ツールを使って効率化する
3:専門の代行会社に依頼する

このような手段を活用していきましょう。

そうすることで、実働を減らしても利益が生まれる仕組みを構築できます。

今から取り組めるよう、それぞれくわしく見ていきますね!

各作業を外注化する

まず、物販の全ての作業は外注化が可能です。

自宅でも取り組める作業がほとんどなので、在宅ワークを探している方やちょっとした副業を探している方にお仕事を依頼していきます。

僕たちのようなお仕事を依頼したい側と、お仕事を探している方をつなぐプラットフォームである、

■クラウドワークス
■ランサーズ
■ビズシーク 

などを使って募集するといいですね!

僕自身も最初は「そんなことできるのか…?」と思っていたのですが、上記のプラットフォームを使えば安心して契約もできますし、今でも長くお付き合いをさせてもらっている外注さんが何人もいます。

在宅でお仕事をしたい需要は高まっていますし、オンラインでお小遣いを稼ぎたい人も増えているので、意外と応募もくるものですよ!

ポイントとしては、募集をする前に「どんな作業があるのか?」をできるだけ細分化し、簡単にお願いできそうな内容から募集をかけていくことですね。

実際にクラウドワークスを使って外注化を進める流れをまとめた記事もあるので、こちらも参考になればうれしいです。

白いフィールドに広がった部品
Amazon物販外注化|クラウドワークスでパートナーを募集する方法Amazonを使った物販ビジネスは外注化できるのが魅力ですよね。 僕自身もすべてを自分で行うのではなく、外注さんにお仕事の一部をお...

ツールを使って効率化する

続いて、物販用のツールを取り入れて作業を効率化するのもおススメです。

例えばAmazonで商品を販売する際には、「商品登録」という手順が必要になります。ひとつひとつ手作業で行うのではなく、ツールを介して出品することで、大幅な時短が可能なんですよね。

また、利益計算をするにしても手動でひとつずつ確認するのではなく、商品が売れたら自動で利益計算される仕組みがあるといいですよね。

フリマアプリで販売するのであれば「セラーブック」がおススメですし、Amazonで販売するのであれば「マカド」がおススメです。

時短できる仕組みの一環として、ツールの導入も検討してみてください!

専門の代行会社を利用する

発送や梱包の時間を大幅に短縮するために、「物販代行会社」の利用もおススメです。

もちろん費用はかかってきますが、仕入れた商品の荷受けから出品や発送まで、自分のかわりに代行してくれる会社がたくさんあるんですよね。

今では多くのネットショップに対応している業者さんがほとんどなので、今すぐに販売に関する作業の手離れができます。 

すると、

外注さんにリサーチしてもらった商品が

代行会社に到着し出品されて

いつの間にか売上と利益が計上される 

という流れをつくることができてしまうのです。

これも商品が売れたら勝手に発送される仕組みのひとつなので、実働する時間は減っていきますよね!それにより、余裕をもった状態で売上も利益も安定していきます。

「稼げるようになったけど労働がツラくて続かない…」なんて本末転倒にならないためにも、代行会社を活用するのも1つの手ですね!

ちなみにAmazonを使って商品を販売すると、デフォルトで「販売・出荷」を対応してくれるので、こちらも使わない手はないなと考えています。

特に副業で物販ビジネスをされている方は、メリットも大きいですよ!

参考:Amazonの仕組みが副業物販に欠かせない理由

仕入れを簡略化する

また、物販ビジネスの自動化において「仕入れを簡略化する」のも一つの手段ですね。

僕自身は今でも、

決まった取引先からまとめて仕入れる

外注さんが商品を出品・発送してくれる

利益計算はツールがまとめてくれる 

という流れで月商500万円ほどをここ数年、安定させています。

月商500万円の証拠画像

「物販=忙しい」といイメージは確かにありましたけど、実際は毎月旅行にいけたり、わりと時間の余裕も持てているんですよね…!

ほぼ自動化された物販事業があることでコミュニティメンバーとの時間も取れますし、家族との時間も楽しめていてシンプルに幸せです。

物販初心者のコンサルメンバーでも、仕入れ先を構築したおかげで2カ月目には利益20万円を超えていたりするので、かなり有効な手段だとも思います。

仕入れの簡略化に関してもまとめた記事があるので、よければ覗いてみてくださいね!

アナタへの手紙を作成中
副業の転売で仕入れを効率化したいアナタへ副業で転売に取り組む中で、仕入れをより効率化したいと思うアナタに向けて、この記事を書いていきます。 最初のうちはなかなか仕入れがで...

アカウント運営を委託する

物販ビジネスを進めていくと、販売用のアカウントを複数持つことになりますよね。

例えば楽天市場にショップを持つことや、Qoo10でお店を開くこともそれにあたりますし、手法によってはメルカリやヤフオクのアカウントかもしれません。

なので、ショップの店長をつくるイメージでアカウント運営を委託してもいいでしょう。

僕もいくつかテスト的に運営しているショップがありますが、

外注さんに任せているアカウント

こんな感じで1つのアカウントをほぼ外注さんに運営してもらい、上記のような数字が生まれています。

いきなり大きな金額からはじめなくてもいいので、小さな規模からでもアカウント運営を任せていくのはアリですよね!

純利益から報酬を支払いますが、自分がほぼタッチせず10万円を稼げるアカウントがいくつかあると、時間も収入も余裕が持てるようになるので。

参考:物販の自動化コストはどれくらい?

物販ビジネスを自動化してみた感想

RVトレーラーの前に座る男女

ここまでが物販ビジネスを自動化する方法でした。

で、この章では実際に物販ビジネスの自動化を進めてみて、感じたことや学んだこともお伝えしていきますね。

もともとは「外注なんてしなくてもいいだろう」と考えていた僕も180度考えが変わったので、何か少しでも参考になれば!

「もっと早くやれば良かった」が本音

物販ビジネスを自動化してみて一番強く感じたのはズバリ、「もっと早くやれば良かった…!」という正直な気持ちです。

スラムダンクの三井寿が「なぜ俺はあんなムダな時間を…」と過去を悔やむシーンは有名ですが、心情的にあれに近いものがありましたね!

というのもビジネス初心者から物販をはじめたせいか、つい職人気質になっていたんです。

「外注さんになんて任せられない」
「自分でやった方が早い」 

という考えは僕もあったのですが、実際に自動化を進めてみるとまったくの逆で。

外注さんはちゃんとお仕事をしてくれますし、ツールは便利だし、時間もできて違うビジネスにもチャレンジできるしで、まあメリットしかありませんでした…!

多分、「外注の方法が分からない」みたいな気持ちもあったからだと思うので、ぜひこの記事を参考に、早めに自動化への舵をきってみてくださいね。

参考:外注募集のコツと例文を解説

外注さんの募集が一番大事

大変だったのは一番最初の外注さんの募集かもしれません。

というのも最初は「とにかく応募がこないとダメっしょ」と考えていたので、『簡単ですよ!高収入ですよ!』みたいな感じで募集をかけてしまったんですよね。

その結果として採算も合わず、あまりやる気のない人が集まってしまい、少しだけ苦労しました。

なので今は誠実に仕事内容も報酬も伝えて、必要であればオンラインで面談もするようにしています。

そのせいか仕事も早くて一生懸命な方に依頼を継続できているので、外注さんの集め方は大事だと思っています。

より安定した収入につながった

物販ビジネスをある程度自動化していくと、作業時間が減った状態でこれまでと変わらない収入が生まれていくんですよね。

安定した収益と、自動化することによって生まれた時間のおかげで、新しいビジネスを展開するようになり、さらに収入は安定していきました。

初心者でも稼ぎやすく、かつ仕組みも構築しやすく、ビジネスモデルとしても安定していくことを考えると、物販ビジネスにはたくさんの魅力がつまっているなと思います…!

副業からスタートして独立し、雇われない働き方を選ぶコンサルメンバーが多いのも、そのせいなのかもしれませんね。

雇われない働き方で月収50万円達成!コミュニティメンバーのSHUさんからのメッセージコミュニティメンバーでもあるSHUさんが月収50万円を達成しました。 副業開始も僕と同じ20代後半だったのですが、働き方や...

物販ビジネスは自動化がゴール

以上が物販ビジネスを自動化する方法でした。

シンプルなビジネスモデルであることや、全ての作業を外注化できる特性を活かして、ぜひ少ない労力で大きな収益を生む仕組みづくりを進めていきましょう!

副業だとしても月に10万円、30万円、そして50万円と伸ばしていくこともかなり現実的ですし、会社としてひとつの収益源にするにも優秀なモデルだと思います。

ぜひ、「自分が動かなくとも収入が発生する状態の構築」に向かって進めていけたら!

下記のフォームより無料で登録できるメルマガでは、よりくわしい物販で稼ぐための流れや雇われない働き方をつかむ方法もお伝えしているので、ぜひ登録してみてくださいね!



ビジネスど素人から月収140万円を達成した全て雇われない働き方を掴むメールマガジン
無料登録はコチラ
ゼロからはじめる個人ビジネスで-雇われない働き方を掴む-メールマガジン
無料登録はコチラ