情報発信

情報発信ビジネスでブログがうまく書けない人へ|noteからのスタートもアリ

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓



オンラインで大きく収益がつくれる情報発信ビジネスですが、継続的に稼いでいる人はみな、ブログを使っていますよね。僕自身も月収400万円を達成できたのはブログをしっかり構築してきたからだと思います。

ただ、情報発信ビジネスをするにあたり「なかなかブログが書けなくて…」と感じる人もいるでしょう。その気持ちはすごく分かるので、そんな時には『noteから始めてみるのもアリだ』ってことをお伝えさせてください。

実際にnoteをはじめてみてその可能性に驚いているので、実体験をもとにお伝えさせていただけたら!

情報発信ブログが重いならnoteから始めよう

noteを見開いている状態

情報発信ビジネスをすると決めても、ブログを書こうとするとちょっと気が乗らないこともありますよね。僕もせいぜいmixiの日記に投稿した経験しかなかったので、「うまく書けるかな?」となかなか筆が進まないこともありました。

特に物販系のビジネスをしていると「テキストにおこす」作業が極端に少ないので、苦手意識を持つ気持ちも分かります。例えばせどり発信者のブログがあまりかっこよくなかったり、ムダに改行されていたりするのはそのせいなんですよね。

言葉やイメージを文字にすることに慣れる
爆発的にユーザーが増える市場でポジションをとっておく

まずは感情やイメージを言葉にする作業に慣れることができるのも、noteからはじめていい点だと思います。それこそ10代の子が日記感覚でnoteを使っていたりもするので、ブログはちょっとまだ…と感じているので始めやすいのかもしれません。

また、会員登録数も200万人にせまる勢いで、月間のアクティブユーザーも爆発的な伸びをしています。これから一層の盛り上がりをみせる場所でもあるので、名刺代わりにはじめてみるのも決してムダにはならないんじゃないかなと!

情報発信ブログの前にnoteを書いてもイイ理由

情報発信ビジネスをはじめてブログを構築する前に、noteを書いてみてもイイ理由は以下の3つです。

情報発信ブログよりもラフに書ける

情報発信ビジネスで使うブログは、自分の経験がきっかけになってくれればいいと、かなり気合を入れて書きます。

文字数も多いと5000文字を超えますし、サーバーも契約してドメインにも利用料がかかっています。画像もキーワードもこだわっているせいなのか、やっぱり気が重いときもあったりします。

それに比べてnoteは気楽に書けるんですよね。

文字数も1000文字程度でサクッと読めるものだし、他の人のnoteを見てもわりと日記に近い感覚で書かれているので、僕もゆるく継続しています。

反応がイイ記事があれば「導入部分の共感が良かったかな?」とか「タイトルがキャッチーだったかな?」なども分析できますし、ブログはちょっと重いな…と感じているのであれば、noteからのスタートは大いにアリだと思います。

アクセスを感じやすいから面白くなる

ブログを運営していくと、アクセスを感じるのって少し先になるんですよね。Googleに認知されて検索結果に表示されるまでには、それなりの時間がかかります。

だからシンプルに、アクセスを感じられない時間がなかなかさびしいんです。ウサギはさびしいと死んでしまいますが、干支がウサギの僕も気が気ではありませんでした。

というのは冗談ですが、noteは最初からめちゃめちゃ反応があります。Twitterでいう「イイね」がnoteだと『スキ』にあたるのですが、最初に投稿した記事にかなりのスキが集まったんですよね…!

noteからスキされた画像

なんでもそうですが反応があれば嬉しいじゃないですか。小さなころにお母さんの料理を手伝って、そこで褒められた経験で料理が好きになって、気づいたら料理人やってますのパターンだってあるわけですから。

それにnoteには「タグ設定」という仕組みがあって、自分と考えが近い人が記事を読んでくれるんですよね。

そのせいか共感してもらえることも多く、いつの間にかフォロワーも増えていたりします。反応が手に取るようにわかるのは嬉しいので、文章を書くことをうまく習慣化できるんですよね。

ちなみにブログは最初こそ反応はないですが、例えば3ヵ月後には「記事を入れなくてもお客さんを集めてくれて勝手に収益をつくってくれる」という必殺技も兼ね備えています。急に無双しはじめます。

なので、noteで慣れたらブログに移行するってことは視野に入れておいてくださいね!

参考:個人の情報発信に最適な方法はブログだと思う3つの理由

noteはめっちゃ褒めてくれる

世の中の大半の人は褒められて伸びるタイプでしょう。僕ももれなくそうです。嬉しくなって活動が加速することもよくありますよね。

noteはめっちゃ褒めてくれます。連続投稿することで褒めてくれますし、スキされた回数でも褒めてくれますし、時には「アナタの記事が一番読まれました!」といって褒め倒してくれます。

noteから褒められる画像

ここまで褒めてくれるとまるで「なにかと記念日を祝う付き合いたての彼女か?」とも思えてくるレベルで、男としてもこのマメさは見習わなきゃな…!と勉強になる始末です。

真面目な話をすると、情報発信ビジネスとしてコミュニティを運営していくことはこれからより王道になっていくんですね。僕も自分で主宰をしていたりしますが、シンプルに「褒められて嬉しい」のはコミュニティメンバーも一緒だと思うんです。

であればコミュニティリーダーとして、noteの褒める姿勢は取り入れた方がイイでしょう。そんなことも学べるnoteなので、むしろやらない理由ってないのかな?とも感じています。

参考:半年間、ビジネスコミュニティを主宰してみて確信に変わったこと

情報発信ブログを見据えてのnoteはアリ

以上が「情報発信ビジネスでブログがうまく書けない人へ|noteからのスタートもアリ」の記事でした。

情報発信ビジネスをすすめていくのであれば、ブログの攻略はマストでしょう。ただあまり文章を書いた経験がなかったり、ちょっと気が重いなって人はnoteからのスタートは大いにアリだと思います。

例えば副業時代の気づきを日記代わりのnoteしておけば、いざ情報発信ビジネスをする時にも当時の感情を思い出せますよね。今のところメリットしか感じていないので、僕の経験が参考になれば嬉しいです!

よりラフな感じで更新もしていてわりと好評なので、良かったら僕のnoteも覗いてみてくださいね!

note:多分、雇われることに向いていなかった

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓