Yuya Takamura official blog
Beginning a new life
情報発信

脱サラ→ネットビジネス専業→失敗する人の特徴とその対処方法

この記事では、脱サラしてネットビジネス専業になったものの、失敗してしまう人の特徴について書いていきます。

実際に僕自身も脱サラして、ネットビジネス専業になってから2年近くが経ちました。収入は増え続けているので、今のところは失敗はしていないと言っていいと思います。笑

ただ、「ネットビジネスで脱サラして本当に大丈夫なの?」と考える気持ちも痛いほどに理解できます。うまくいかなくてサラリーマンに戻ってしまう方も一定数いるので、ネットビジネスで脱サラしたけれど失敗してしまう人の特徴をお伝えしますね。

ぜひ、反面教師にしていきましょう。

脱サラ→ネットビジネス専業→失敗する人の特徴

実際に脱サラして、ネットビジネス専業になったはいいけれど、失敗してしまう人の特徴を書いていきますね。これから専業になることを考える人は参考にしてください。

現状に満足して「再投資」ができない

学ぶ姿勢がなくなったとたんに、収入が増えていくことはなくなります。そうなるとゆるやかに退化がはじまるので、収入は目減りしていくんですよね。

実際に今、ネットビジネスを始めてから脱サラし、毎日を自由に過ごす起業家の方とお付き合いすることが多いですが、実績を出している人ほど学びへの投資を欠かしません。

僕自身も今では、最低でも半年ごとに数十万以上の自己投資は必ずしています。稼いだお金の使い方に『自己投資』が含まれていないと、成長を止めることになるのです。

コミュニティに属さない

サラリーマンの頃はいつでも隣に同僚がいました。うるさい上司がイヤで個人で稼ぐことを決めた方もいるでしょう。ゆえに、個人で活動しがちな気持ちもすごく分かるんですよね。

でも、情報やノウハウの移り変わりがとても早い業界なので、情報を持ってないことは致命傷になりかねません。ゆえにコミュニティに属して、同じように独立して頑張る人とのネットワークを持っておくことはかなり大切なのです。

収入の柱が一つしかない

実際にリアルビジネスをやっている経営者の方も口を酸っぱくしていいますが、収入源は複数あるにこしたことがありません。

専業になれば自分の身は自分で守るしかないので(今の時代は会社も守ってはくれませんが)、一つの収入源で月収100万円よりも3つで100万円の方が精神的にも安定します。

僕自身も転売ビジネスの他に、コンサルティング、コンテンツ販売などいくつか収入源がありますが、今後も増やすことと伸ばすことを怠るつもりはありません。

依存心が抜けない

起業家脳とサラリーマン脳の一番の違いは「依存心」です。僕たち起業家は、後ろに誰もいないので、基本的に『どうすればうまくいくか』を考え続けて進みます。

それに対しサラリーマンの場合は、すでにうまくいく前提で仕事を覚えたりするので、改善していくという働きかけが弱いです。どこかに「会社がケツをふいてくれる」という依存心があるので、独立してからもそうだと非常に危険なことが分かりますよね。

暗い

これは絶対にあります。稼いでいる人で暗い人を見たことがありません。うまくいっていない人から相談を受けることもありますが、まず、暗いです。

稼げるようになったから明るいのではなくて、明るいから稼げるという大前提は覚えておくようにしましょう。

脱サラ→ネットビジネス専業になったらやるべき3つのコト

失敗する人の特徴も踏まえたうえで、専業になったらやるべきことをお伝えしていきます。最低限、これをしていけば、稼ぎ続けていけるとも考えています。

稼いだお金は学びに使う

脱サラをするということは、例えば副業でネットビジネスを始めて、ある程度の成果がある状態だと思います。稼いだお金の使い方がその後を分けると思っていて、大事なのは学びに使うことです。

例えば連日飲みに出かけてすっからかんとか、一番やってはいけません(笑)

お金を増やすためにはお金の使い方が大切なので、学びに使う姿勢は持っておきたいですよね。

コミュニティに所属する

「情報」って大きな意味を持ちます。それは一人で活動しているよりも、コミュニティに属していた方が圧倒的に多く入ってくるんですよね。

僕もいくつかのコミュニティに所属していますが、それぞれ色んな情報が飛び交うので、とても有益です。例えばAmazon転売をやっていて、仕様変更であったり出品規制の情報なんかは、確実に回ってきます。情報が無いと対処のしようも無いので後手後手ですが、情報があれば慌てずに動いていけますよね。危機管理の側面からも、とても大切です。

複数の収入の柱を持つ

少しでもいいので収入の柱は複数持っておくことをオススメします。

脱サラできるくらいの収入があるのであれば、0→1の基準(ビジネスで成果を出すために最低限の行動量やマインドセット)はある程度できているので、それを活かさない手はありません。

当たり前ですが精神的な安定感も違うので、毎日の充実度は必然的に上がりますよ。

自分が脱サラして失敗しないためにやってきたこと

実際に自分自身が、脱サラをしてからやってきたことも書いていきます。

脱サラして時間ができたせいか、もともと取り組んでいたビジネスで月収も7ケタにのりました。しかし、その時に強く危機感を抱いたんですよね。「勝って兜の緒を締めよ」ではありませんが、リスクマネジメントは常に必要なので、参考になれば嬉しいです。

メンターをみつけた

自分より少し先にいる人に助言を求めるのは大いにアリです。そういう意味でもメンターをつくることは意識して動いてきました。そのおかげで、困った時や少し悩んだ時も、アドバイスをもらうことで進むことができたんですよね。

メンターについてまとめた記事も作りましたので、参考になれば。

収入の柱を増やした

収入の柱を増やすことは常に模索していました。1つが止まった時に完全に止まってしまい、またゼロからエンジンをかけるのは大変です。それよりも動いている中で労力を分散させてしまった方が、エネルギーの消費も効率がイイです。

参考までに僕は転売ビジネスを始めて、その実績をもとに情報発信を始めました。

常に学びにお金を使うようにしてきた

「学びに投資しないことには収入は上がらない」と、マインドセットしてしまうのがイイと思います。脱サラして今も成功している人達は、すべからく学びに投資しています。

英会話を身につけるのには当たり前に英会話スクールに通いますよね。太りすぎた体をシェイプアップするためにジムに通うにしても、当たり前に月会費を払います。

ビジネスも一緒で、新しい収入の柱をつくるにはその情報を知らなければいかないし、時には自分より先を行く人に教えを乞う必要もでてきます。学びに投資することで収入は増やしていけるので、一番カンタンな方法が『自己投資』だと思っています。

脱サラ後の自由をこれからも続けるために

実際に脱サラしてみて、ものすごく自由を感じれるようになりました。好きな時間に起きて、好きな時間に働いて、好きなだけ好きな人と一緒にいることができるので。

そんな理想郷のような毎日を続けるためにも、やらなきゃいけないことはあるのです。

自己投資は続けよう

結局はこれに尽きると思うのですが、自己投資はし続けていくと思います。

よく、「副業を始めるにもお金がかかるから始められない…」といって諦める人もいますが、それで諦めるならハナからやらない方がいいと感じます。

本当に収入を増やしたくて、理想の毎日を送りたくて、家族を守りたいとすれば、そんな理由で諦めませんからね。副業を始めるにあたって必要なお金はつくればいいので。

お金持ちがどんどんお金持ちになっていくのは、時間とお金の正しい使い方を知っているからな気がします。それに倣い、これからも自己投資は続けて自分が成長していくことで、自由な毎日を続けていきたいと思います。

脱サラしてネットビジネス専業になって失敗する人は、自己投資を辞めてしまう人だと言い切れますので、参考になれば嬉しいです。

【Choose your life】自分のビジネスを持って人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓