情報発信

情報発信がうまくいかない物販プレーヤーに必要な3つのポイント

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓



物販ビジネスから情報発信にすすむ人は多いですよね。

自分の経験やスキルが誰かにとって価値となるなら、大きなやりがいもあるでしょう。

僕自身も副業ではじめたネット物販のおかげで今があるので、「自分と同じように働き方や収入に悩む人の役に立てる」と思い、情報発信をしています。

今では「物販をいつやめても大丈夫」という事業に育っているので、その経験をもとにこの記事を書いていきますね!

物販から情報発信にすすみ、いまいちうまくいってない…というあなたの参考になればうれしいです。

物販プレーヤーが情報発信をするための前提

まずは前提を共有させてください。

物販ビジネスから情報発信にすすむにあたり、「情報発信とは?」をしっかりインプットしましょう。

というのも、物販から発信に進む人にありがちなのが『とりあえず自分のノウハウを有料で販売する』という動きです。

例えば「副業で10万円を稼ぐノウハウを販売します」という発信をしているとしましょう。すると、10万円を稼げるようになったらあなたの発信は必要なくなってしまうんですよね…!

となると一過性になり事業としての継続が難しいので、物販から情報発信にすすむ人がつまづく要因になります。

くわしくは後述しますが、「ノウハウを前面に押し出すこと」や「利益商品をシェアすること」だけが情報発信ではないと知ってもらえたら!

参考:情報発信ビジネスで抑えるべきポイント

物販×情報発信で稼ぎ続ける3つのポイント

では、よりくわしく「物販×情報発信」で継続的に成果を上げるポイントを見ていきましょう。

ノウハウ以外をちゃんと発信する

前述のとおりですが、ノウハウ以外もちゃんと発信していきましょう。

これからますます情報化社会が進むので、ノウハウは誰でもいつでも知ることができるようになっていきます。Youtubeがあったり、Googleがあったり、無料でアクセスができるようになります。

となると、ノウハウだけのあなたの発信を見る理由もなくなっていきますよね。

ノウハウは最重要項目じゃない 

また、同じノウハウであれば「安い人」から手に入れようとするので、価格競争がさけられず、事業としての継続も難しくなるでしょう。

物販でも価格競争に悩まされて、発信でもそうなってしまったらツライですよね…!

大事なのは理念を伝えて共感してもらうことなので、

「なぜビジネスをはじめたのか」
「なぜ物販だったのか」
「物販のなにがいいのか」

をしっかり伝えてみてください。

するとあなただけのファンができて、共感してくれる人が増え、事業としての情報発信が安定していくハズです。

もちろんノウハウも大切ですし価値のある情報だと思いますが、決して最重要項目ではないと考えています。

無料レポートでの集客は脱却する

物販業界にいると「無料レポートで集客しよう」という風潮があります。実はこれも、早い段階で脱却したほうがいいと感じているんですね。

そもそも無料レポートの存在を知らない人の方が多いし、ノウハウだけ欲しい人が読むものです。

つまりあなたの発信を見たいわけじゃなくて、ノウハウが知れればいいので、読み手にすると発信者は誰でもいいんですよね…!

無料レポートは最初だけでイイ 

そのためいくら作っても「コアファン」は集まりづらく、事業として情報発信に取り組むのであれば収益にはつながりにくくなります。

僕自身も無料レポートをつくっていた時期があったのですが、読者さんは増えたとしてもノウハウが目的だから、数は増えるけど関係性が希薄なんですよね。

SNSでたくさんのフォロワーがいるけど、いいねの数がとても少ないという状態に近いです。

最初こそありだとは思いますが、無料レポートを1つ作成するなら、ブログを1記事作成したほうが効果的だと思います。

参考:個人の情報発信にブログが最適な理由

自分自身が次のチャレンジをかかさない

これは個人的にも強く思っているのですが、「自分自身が次のチャレンジをかかさない」という姿勢は必須ですよね。

情報発信にすすむとどうしても「ひとつの分野でどやりがち」ですが、物販プレーヤーはとくに、Amazonがなくなったら何ができるのか?を考えた方がイイです。

僕もアドセンス収益にチャレンジしてみたり、マーケティングの勉強をしたり、ライティングの場数を踏んでみたりしています。

全ての挑戦が情報発信で活かせる 

もちろん物販に関しても日々学びつつ、複数の収入源を持つことを目的としたビジネスコミュニティも運営してきました。

自分自身が前進することで発信できることが増え、それはそのまま収益にもつながっていきます。

情報発信をしていれば全てのチャレンジを読者に伝えられるので、無駄なくビジネスにつながっていくんですよね。

参考:ひとつの分野でドやる時代じゃない理由

物販から情報発信に進み成功している事例

両手を広げて岩の上に立っている人

では実際に、物販ビジネスから情報発信にすすみ、継続した成果を出している事例も見ていきましょう。

知人の経営者の例や、コンサルメンバーの具体例を紹介していきます。

プロデューサーとして活動

これは僕の話なのですが、プロデューサーとしての仕事もするようになりました。

情報発信を実践していくと多くのスキルが身に付きますよね。具体的にはライティングやブランディング、マーケティングなどがそうでしょう。

その経験をもとに物販プレーヤーの発信の裏にはいり、商品設計やセールスライティングのコンサルをしたり、どうやって企画を販売していくか?といった導線を組んでいたりします。

毎月安定して報酬につながっている安心感もありますし、今後は物販に関わらず受注ができるので、例えば友人が経営するサロンの集客に関してもチカラになれると考えています。

まだまだチャレンジは必要ですが、情報発信を通してまた違うビジネスにつながるのも最高に面白いですよね…!

コミュニティ運営で月収1000万円

物販ビジネスの次のステップとして情報発信に進み、ビジネスコミュニティを運営している先輩経営者もいます。

次々に実績者を輩出しながらも、多くの業界のクライアントを抱えている姿はカッコイイですよね。

「物販から発信に進むならノウハウを売らなきゃ」と考えていた僕にとっても参考になりましたし、情報発信をちゃんと理解して進めれば大きすぎるメリットがあると教わりました。

商品にある価値を動かすのが物販なら、自分自身に価値をつけていくのが情報発信だと言えるのかもしれません。

いつ物販をやめてもイイ経営者

なかには「仮に物販をやめることになっても問題無い」という経営者もいます。

情報発信に進み多くのスキルを身につけたことで、ビジネスの入り口であった物販の収益に頼らずとも活動ができるみたいなんですよね。

『物販が好きだ!』なら続ければいいとは思うのですが、ひとつの手段である以上、どのようにビジネスを展開させていくのかは自由です。

例えば在庫を動かす物販で堅実に収益をつくりつつも、在庫を持たない情報発信も事業として展開していくことで、双方のメリットを掛け合わせることもできます。

リスクヘッジとして「販路を増やせ」よりも、違うビジネスを展開するほうが堅実なので、参考にしたい事例ですよね!

物販プレーヤーは情報発信をちゃんと学ぼう

以上が物販ビジネスから情報発信に進み、継続して成果を出すために必要なポイントでした。

僕自身も物販ビジネスの収益を情報発信で上回るようになっていますが、ちゃんと実践するメリットは大きいですよね。

理想の顧客が集まってくれたり、自分自身も大きくスキルアップできたりと、情報発信を通して人生が豊かになるのは間違いありません。

すでに発信をはじめているけれど、思ったように成果につながらないあなたの参考になれば嬉しいです!

また、なかには「SNSだけで発信している」という人もいると思います。

それだと機会損失につながり、売り上げを減らしている可能性もあるので、なぜメルマガが必要なのかを解説した記事もあわせて覗いてみてください!

参考:情報発信ビジネスにメルマガが必須な理由

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓



収入も休日も自分で決める生き方をしませんか?ゼロからはじめるネット起業が学べるメルマガ
無料登録はコチラ
初心者向けのネット副業で収入の不安を消すメルマガ
無料登録はコチラ