Yuya Takamura official blog
Beginning a new life
人生が変わった瞬間

20代で仕事にがむしゃらになれる人は雇われなくても生きていける

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓



20代でがむしゃらに仕事ができる人って、それだけで可能性の塊だと思います。

ですが、時には「がむしゃらに仕事をした先に何があるんだろう?」と考えてしまうこともありますよね…!

実際に僕も20代の頃、がむしゃらに仕事をしてみて「なんでこんなに頑張っているんだろう?」と感じたことは何度もあります。

でもそれがあったおかげで多くのことに気付いて、結果として今の雇われない生き方を手にできました。無駄になることなんてひとつもありません!

この記事では実体験をもとに、20代でがむしゃらに仕事をする意味とそれによって手に入る未来について書いていきます。

20代でがむしゃらに仕事をする意味

昼間の会議に参加してペンを握る人

何をするにも意味を求めがちな頃でもありますが、20代でがむしゃらに仕事をすることは大きすぎる意味を持ちます。がむしゃらに仕事をしてみることで、気づけることがたくさんあるからです。

本当の感情に出会う

賢い人であれば、事前に考えて気づくこともできるでしょう。ただ僕の場合は自分がやってみて気づくことしかできなくて、がむしゃらに仕事をしてみたことで自分の本当に感情が分かりました。

例えば時々サボっている同僚と、がむしゃらにやっている自分が同じ給料だと、正当に評価されない悔しさが出てきますよね?

僕も会社の歴史で一番の売上を創ったのに、赤字の部署に引っ張られてボーナスが全カットされたときは、ただただ虚無感に襲われました。人はこうやって牙を抜かれて丸くなっていくのかな…みたいな。

このままでいいのか?
頑張る意味がない環境にいていいのか? 

同じような経験をされた人もいると思います。その中で僕は「雇われずに生きたい」「正当に評価されたい」という感情に気付くことができました。

がむしゃらにやってみると絶対に何かを感じれるハズで、その感情があるから変化が起きるんだと思います…!

評価されたい欲が出てくる

がむしゃらに仕事をすると、それだけ必死にやっているので褒めてもらいたくなります。スラムダンクの福ちゃんがあれだけ「もっと褒めてくれ…ブルブル」だったのは、がむしゃらだったからなんですよね。

同じように20代の僕たちも、がむしゃらに仕事をすることで評価されたくなっていきます。どう考えても褒められて伸びるタイプの方が多いじゃないですか。

評価されたい→もっと成長しよう

でもそれってとても良いことで、欲があるから向上していけるんですよね。僕ももっと成長したい!と思って自己投資をするようになって、正当に評価される場所は会社じゃないと気づいて、今の生き方にいきつきました。

がむしゃらに仕事をしたがんばりが、正当に評価される環境ってちゃんとあるんですよね。

何を感じてどう動くかが大切

20代でがむしゃらに仕事をすると、とにかく色んな感情がでてきます。大切なのは、そこからどう動くか?ですよね。

それこそ僕は「これだけ結果も出したのにボーナス全カットってマジか!と感じたので、当時の会社にいる意味もあまり分からなくなりました。同時に場所を変えれば同じ成果でも収入は増えると感じたので、副業をがんばるようになりました。

がむしゃらに残業をしてただ生活費を稼ぐくらいなら、その時間を副業に注いで「やった分は返ってくる」状態にした方がコスパいいよね?と思っていたのも本当です。

今では望み通りに雇われない働き方ができているので、同じように考える人はこの記事も参考にしてみてください。

参考:20代後半の悩みを全て解決した雇われない働き方

20代でがむしゃらに仕事して経営者になった実話

黒のスーツジャケットボタンを掴む人

がむしゃらに仕事をしてみると気づけることが多いです。結果として時間の大切さとか生きる意味まで考えるようになって、ついには「自分の人生を生きてるか?」みたいな哲学分野に進みそうになりました(笑)

でもひとつ言えることは、がむしゃらに仕事をした20代のおかげで今の自分があるってことです。実際に今では会社経営者になって割と好きに生きているので、そのあたりも実話として書いていきますね。

時間の大切さに気付いて残業をやめた

がむしゃらに仕事をしたことで、時間の大切さに気付きました。その結果、僕は残業をほぼしなくなりました。

残業代は生活をするうえでも非常に大切だったのですが、一生これを続けられるかな?と考えるようになったのです。

目の前の生活費をつくるだけの残業に時間をかけるより、同じだけの時間を副業に使って自分のスキルを身につけた方がいいのでは?と極めて冷静に判断しました。

残業は時間の切り売りかも?
未来につながる時間の使い方ではないかも? 

あの時そのまま残業をしていたら、きっと今も働きづめだったでしょう。家族との時間も取れず、がんばってもボーナスは出ないからがんばらないし、あんまり楽しくなかったと思います。

がむしゃらにやるから、時間の大切さに気付けるんですよね。副業をしていく上でのおススメの時間の作り方をまとめた記事もあるので、参考になれば嬉しいです!

参考:副業における時間の作り方厳選3選

副業から始めてリスクを減らした

がむしゃらに仕事をしてみて時間の大切さに気付いた僕は、まずは手堅く副業から始めていきました。

正当に評価されることを望むのであれば、自分が自分を評価できる場所に行くしかありません。「僕の仕事には価値があるから〇〇円で請け負います」的な。

さすがに名も無き一人の男が最初からそれは無理なので(むしろローランドくらいにならないと)、まずは給料以外で収入を生めるスキルを身につけようと考えました。

副業で収入を増やせるようになった延長線上に、頑張った分がちゃんと返ってくる世界があると感じたので。

本業の給料も確保しつつ副業にトライしていく

こうすることでリスクを最小限にして進むことができます。結果的に副業の収入が本業のお給料を上回り、「雇われる必要ないじゃん!」と気づけたのです。

ちなみに、がむしゃらに仕事をしてノウハウを活かして独立するという選択もできますよね。僕の場合は全く違う分野での起業になりましたが、がむしゃらにやる胆力とか、そもそも仕事に対する熱量とか、活かせる点はかなり多くあると思います。そういう意味でも、がむしゃらに仕事してムダになることなんて何もありません。

参考:ネット副業で月収50万円をたった4カ月で突破する方法とその裏側

がむしゃらが報われる場所を見つけた

副業を始めてみて気づくのは、がんばった分はちゃんと自分に返ってくるということでした。一番の売上を創ってもボーナスがゼロになることなんてないし、時間も労力もかけたけど失敗する、なんてことはないからです。

僕の場合は在宅での転売ビジネスを副業としてスタートさせましたが、商品が売れて売上と利益が始めて生まれた時の喜びを忘れられません。

眠い目をこすって売れそうな商品を探して、欲しがっている人に届けることができて、結果として自分のお金も増える喜びに打ち震えました。

がむしゃらにやった分が収入に反映される世界

「仕事をがむしゃらにやる」という姿勢は変わってないけれど、場所を変えればこんなに成果が違うのかと気づきます。面白くなって取り組んでいると、会社の給料を超えるくらいの収入が副業で手に入るようになりました。

それでますます面白くなってがむしゃらにやって、今では会社を設立できました。自分のがんばりが正当に評価される場所を自分で創ることができたんですね。

自分の人生を生きている今が、最高に楽しいことは間違いありません。

参考:20代後半の生き方を劇的に面白くする3ステップ

20代でがむしゃらに仕事すれば雇われずに生きられる

改めて自分の経験を書きましたが、がむしゃらに仕事をした20代の時間があって本当に良かったなと思います。

なんとなく時間を過ごして、テキトーに仕事もこなす毎日なら、自分の人生にここまで真剣になれていなかったでしょうから。

結果として「雇われない生き方」を手にできて、収入もある程度コントロールできるようになりました。これから子供が生まれても、がむしゃらに仕事をするといいことばかりだよ!と自信を持って伝えることができます。

当時の僕と同じように、がむしゃらに仕事をする意味が分からなくなった人がいればぜひ、参考にしてみてくださいね!

【Choose your life】
人生の主導権を取り戻す無料オンライン講座募集中!

↓ ↓ ↓